東京都にあるお勧めのワイナリーを厳選

ワイン

東京ワイナリー

東京都初となるワイナリーが東京ワイナリーです。2014年8月に果実酒製造免許を取得しました。

「東京の農業を元気にしたい!!」という思いからワイナリーを設立しようと思った代表の越後屋さんは、以前は東京大田市場の野菜仲卸業に勤務していました。その時に東京の野菜は高品質ということを知り、東京の農産物を広める活動をしたいと考えて、自身がワイン好きということもあり、ワイナリーを設立するに至りました。

東京のぶどうを使って作るワインを東京の野菜と組み合わせて食す、東京の人にこそ、食べてもらいたいし、楽しんでもらいたいと考えているそうです。

ワイナリーは小さなスペースで醸造から販売まで行っているため、安心・安全の「手作り」感があり、ぶどうからワインへと変わっていく様子が見る事も出来ます。

◆住所

〒178-0061

東京都練馬区大泉学園町2-8-7

03-3867-5525

◆営業日

水曜日定休

◆営業時間

平日:13時~18時

土日祝日:10時~18時

※一人で行っているため事前に確認の連絡が必要です。

 

清澄白河 フジマル醸造所

2015年8月に大阪で話題の都市型ワイナリー、フジマル醸造所の2号店であり、東京でも2番目のワイナリーが東京・清澄白河にオープンしました。

醸造所の2Fはレストランになっており、ワインに合うメニューをイタリア人シェフが考案し、提供しています。通常ワイナリーが経営しているレストランではそのワイナリーが醸造しているワインしか飲めないものですが、こちらでは1Fで醸造されたばかりの生樽ワインはもちろん、世界各国のワインも楽しむことも出来ます。

簡単なおつまみ共にワインを試飲できるテイスティングルームもあり、テイスティングルームもしくはレストランを利用された方のみ醸造設備を見学する事が可能です。

街の真ん中にワイナリーが出来れば、土地とワインと人を繋いで、日本の日常にワインが溶け込むのではと考え、大阪に都市型ワイナリーをスタートさせることになった結果、工場見学のようなノリで来店する方が多く、ワインを余り飲んだことがない方もワイナリーを訪れることで、ワインを身近に感じられる場所になったのではないでしょうか。また、ワイナリーを訪れたことがきっかけでぶどう栽培やワイン醸造を志す方も出て着たそうです。都市型ワイナリーの必要性を感じずにはいられません。

◆住所

〒135-0022

東京都江東区三好2-5-3

03-3641-7115

◆営業日

定休日:月曜日(祝日の場合は営業、よく火曜日休み)

◆営業時間

テイスティングルーム●13時~21時30分(LO)

レストラン●平日:17時~21時30分(LO)

  • 土日祝日:11時30分~14時(LO)17時~21時30分(LO)

東京ワイナリーとフジマル醸造所、お近くにお越しの際は是非訪れてみてはいかがでしょうか?

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る