有名白ぶどうの味、香り、見た目を知っていますか!?

しろわいn

白ブドウの特徴を楽しむ!

ワインを楽しむためには、先ずぶどう品種を覚えることから始める必要があります。 その理由ですが、同じ白ワインであっても使われているぶどう品種で味わいが全く別物になるからです。 産地が変わってくればある程度味わいの変化も訪れますが、やはりぶどう品種の根本的なポテンシャルは変わりません。ここでは、先ずは白ブドウの代表的な品種の味わいや香り、外観などを紹介していきましょう。

シャルドネのポイント

世界的に最も有名と思われる白ブドウ品種といえば、シャルドネではないでしょうか。フランスのブルゴーニュ地方のシャブリの主要品種として知られますが、基本的には育てやすく世界中で栽培されています。 そんなシャルドネなのですが、まずレモンイエローの外観が特徴的です。チリやアルゼンチン、南アフリカなどの温暖な産地のシャルドネは比較的色合いは濃い方向です。 さて、香りですがリンゴや柑橘系、洋梨の香りがあります。樽熟成に適してる品種ですのでバニラ香もよく見られます。 味わいも分かりやすく、温暖な地域であれば酸味が柔らかく、冷涼な地域であればシャープな味わいです。シャブリはその両方を兼ね備えるとで評価が高いようです。

ソーヴィニヨンブラン

シャルドネに次いで有名な白ブドウ品種といえば、間違いなくソーヴィニヨンブラン。こちらは、フランスのボルドーやニュージーランドのマールボロが有名です。色合い的にはシャルドネに比べてやや淡いイエローをしています。 香りはフレッシュハーブにレモン、トロピカルフルーツ香が強めです。爽やかさが感じられるので、食中酒には最適な品種といえるでしょう。 また、味わいなのですがシャープで爽やかと考えた方が良いでしょう。辛口の白ブドウですが、ボルドーやロワールのように遅摘みで貴腐ブドウとして甘口に使われることもあります。ある意味では、万能タイプのぶどう品種と言えるのではないでしょうか。

リースニング

リースニングは、ドイツが世界的にも有名ですが、フランスのアルザス地方やオーストラリアのクレアバレーやイーデンバレーも良く知られています。さて、リースニングは見た目はさほどソーヴィニヨンブランと変わりません。 大きく違うのはその香り。アロマティックであり、フローラルで甘めの香りが特徴です。辛口から甘口までさまざまな味わいを楽しめる、非常にユニークな品種です。

まとめ

世界中に白ブドウがありますが、味わいや香り、色などを知るだけでも楽しみが変わります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る