有名どころ以外のワインってどうなの?日本ワインの知られざる分布を紹介!

%e6%9c%89%e5%90%8d%e3%81%a8%e3%82%99%e3%81%93%e3%82%8d%e4%bb%a5%e5%a4%96%e3%81%ae%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%a8%e3%82%99%e3%81%86%e3%81%aa%e3%81%ae%ef%bc%9f%e6%97%a5%e6%9c%ac

西日本も注目すべき産地がたくさん!

日本ワインの有名産地といえば、いわずもがな山梨県です。さらに、有名どころいえば長野県に山形県、近年では北海道など、多くが東日本に集中しています。 ワイン造りに適した産地が多いことや、降雨量や日照時間の関係においても東日本はブドウ栽培が優位なのだそうです。 さて、そんな日本ワインの地図の中で山梨県を除く関東地方や東海地方、近畿地方、中国地方はどのような場所なのでしょうか。ここでは、西日本などを中心に、ブドウ栽培からワイン造りについてを紹介していきます。

関東や東海地方

山梨県を除く関東地方に関しては、今まではあまりワイン造りをしているケースは少なかったようです。しかし、近頃注目されているのが、栃木県た茨城県です。 茨城県の牛久、水戸などにも面白いワイナリーが増加傾向にありますし、栃木県はココ・ファームといったレベルの高いワイン造りを行っている場所もあります。 こちらは、サミットでスパークリングワインが振る舞われるなど、今関東で最も注目度の高いワイナリーとしても有名です。静岡県にも本格的なワイン造りを行うワイナリーが出現しはじめるなど、今関東のワイン造りがとても盛り上がっています。ぜひ、興味がある方は一度関東のワインをご賞味いただければと思います。

近畿地方

近畿地方というと、日本酒のイメージが強い方は多いようです。灘伏見といった、日本酒生産量NO.1の場所もあるほどですし、食には強いこだわりを持っていることからも、日本酒の消費量はやはり多い地域です。しかし、ワインとなるとあまり知っている方が少なく、ブドウ栽培にも適さないのではないかという印象を与えてしまっているようです。 しかし、実は関西は昭和の時代はブドウ栽培、ワイン造りが1位だったこともあるほどに発展を遂げていた産地でした。戦争などの影響などもあり、一時停滞してきましたが、今は面白いワイナリーがどんどん出てきています。また、2016年には関西ワイナリー協会なる組織もでてきたことからも、今後の関西ワインの発展は時間の問題といえるのではないでしょうか。

中国地方

中国地方でワインが造られていることを知っている方は少ないかもしれません。しかし、鳥取県、岡山県、広島県でも良質なワインを製造する場所が多く点在しています。マスカット・オブ・アレキサンドリアなどブドウの名産地である岡山県は、今後注目される産地となるでしょう。

九州以南

九州地方といえば、もちろん焼酎です。しかし、都農ワイン、安心院、久住などワインコンクールでも注目されるワイナリーが多く点在しています。台風が多く、ブドウ栽培に苦労する土地でありながらも栽培技術を上げているのです。 また、沖縄県はパイナップルワインなど、名産の果物を使ったワインを製造して高い評価を受けています。ぜひ、今後も日本ワインの発展に注目をしていきましょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る