最高峰のワインを手軽に楽しむコツ!セカンドラベルをゲットせよ!

セカンドラベルなら手に入れやすい!

格付けシャトーのワインを手に入れたい、という気持ちはワイン好きであれば100人中、100人が思っている至極当然な欲望です。 しかし、格付けシャトーのグランクリュは高額であり、最低でも1万円はかかってしまうのが現実です。1本100万円を超えるロマネコンティなどとを中心にワインを探していると、1万円って安すぎないか?と、思ってしまうのですが、750mlのお酒に数万円かけるという感覚に慣れるという感覚は少し危険です。 とはいえ、おいしいワインを飲みたい欲求は止められない。そんな時、おすすめしたいのがシャトーが製造するセカンドラベルです。 セカンドワインというと品質が低いようなイメージですが、そんなことは一切ありません。ここでは、有名シャトーのセカンドラベルについてを紹介しましょう。

セカンドラベルって何?

シャトーが自信を持ってそのシャトーの名を冠したワインが言わばグランクリュと呼ばれるワイン。シャトーオーブリオンのグランクリュといえば、そのままシャトーオーブリオンです。 しかしながら、所有するブドウ畑からすべてが最高品質であるブドウが穫れるとは限りません。 そんな時、グランクリュには使えないから捨てる、というのはあまりにも不経済。そんなことから、セカンドラベルということで、グランクリュには満たないがそれ相応のクオリティはあるということでセカンドラベルが造られるのです。

品質は悪くはない!

セカンドラベルとなると、やはり気になるのが味わい。グランクリュになれなかった、言わばハズレぶどうで造られたと聞けば、誰だっていい気分にはなりません。 しかし、グランクリュに使われるブドウにやや満たないということである意味では品質はほぼ同様。 さらに、セカンドラベルは挑戦的なアプローチもできるため、面白い味わいのワインに出会えるチャンスが多いようです。中には、グランクリュよりもおいしいというワインもあるのですから試さない手はないわけです。

有名どころを押さえよう

では、ここではおすすめのセカンドラベルをいくつか紹介します。まず、必ず試したいのが1級シャトーのシャトー・ラトゥールのセカンドラベル。 レ・フォールド・ラトゥールというネーミングで販売されていますが、1級をも凌ぐ奥行きのある味わいです。 また、シャトーマルゴーのセカンドラベルのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトーマルゴーもかなり有名。なんと、AOC認定はされていませんが、白ワインも造っておりこちらも絶品。こういった挑戦的でユニークな発想が大切です。 そして、1級をも凌ぐと言われる2級のレオヴィルラスカーズ。こちらのセカンドラベルは、おそらくボルドー1です。 ル・プティ・リヨン・デュ・マルキ・ド・ラスカーズという長いネーミングですが、その味たるや1級以上。価格もグランクリュよりもお手頃ですので、ぜひ見つけたら手に入れて楽しんでいただきたいですね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る