最高のマリアージュ体験をお手軽に!ワインとチーズの合わせ方!

ワインとチーズ

チーズとワインは黄金の組み合わせ!?

日本酒と塩辛、焼酎と黒豚味噌、ウイスキーにはナッツ。お酒の定番おつまみを考えた時、この組み合わせが定説とされています。 では、ワインはどうでしょうか。ワインと肉料理、ワインと魚料理、ワインとバタクリーム系料理、色々と出てきますがやはり世界的にワインの定番おつまみと言えば、チーズではないでしょうか。 ワインとチーズこそ、二人でひとつの存在のような、完璧な夫婦の組み合わせに近いと言えるでしょう。 しかし、チーズなら何でもワインに合う、というわけではありません。チーズ自体酒類が相当多いですし、ワインも右に同じです。ここでは、ワインとチーズの基本的な組み合わせについて紹介していきます。ぜひ、参考にしてワインとチーズのマリアージュを楽しんでみてください。

フレッシュチーズ

新鮮で爽やかな味わいが楽しめるフレッシュチーズ。日本人にも好まれる、定番中の定番チーズです。 固させたミルクから水分を取り除き、熟成を一切しないフレッシュなチーズです。ヨーグルト風の心地良い酸味があるため、合わせるとしたらフルーティーな白ワインがおすすめです。 また、スパークリングワインとの相性も抜群。ミュスカデなどのフレッシュな白ワインもおすすめですね。

白カビのチーズ

白カビ、というと何やら抵抗感があるかもしれませんが、我々が日常的に食べているチーズはこの白カビタイプが多いようです。 あのカマンベールは白カビチーズの代表格でもあり、世界中で愛されるチーズとして知られます。 生地や柔らかくクリーミー、濃厚さも控えめでクセが無いのでチーズ初心者には大変喜ばれます。 さて、そんな白カビチーズと合わせたいのは赤ワインです。ミディアムボディ、フルーティーなど、ある程度力を持った赤ワインとの相性が絶妙です。もちろん、スパークリングワインとの相性も良いので、パーティーシーンでも活躍します。

ウォッシュチーズ

白カビチーズとウォッシュチーズというと、ウォッシュチーズの方が名前的に食べやすい印象があります。 しかし、チーズの表皮を塩水やビールなどで洗い続けて熟成させたタイプであり、かなり個性的な味わいとなります。日本の方では苦手意識を持つ方もいますが、納豆やくさや、濃厚な塩辛に通づる香りがありヤミツキになる方も多いのです。 さて、そんな個性豊かなウォッシュチーズに合わせたいワインはずばりフルボディの赤ワインです。 チーズの強さに負けない、濃潤な赤ワインこそがウォッシュチーズのお供に最適です。全身を駆け抜けるような感覚の濃厚で個性的なマリアージュは、一度味わったら抜け出せなく、ある意味で危ない組み合わせなのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る