変わりつつアメリカワイン!今だからこそ基本をおさらいしよう!

%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%a4%e3%81%a4%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%81%e4%bb%8a%e3%81%9f%e3%82%99%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%93%e3%81%9d%e5%9f%ba%e6%9c%ac

アメリカワインの基礎を知る?

カルトワインというと、やはりアメリカのカリフォルニア州のワインを思い浮かべるでしょう。スタッグリーブスなどは特に有名で、1本数十万円はくだらない超高級ワインとして知られています。 こういったカルトワインの他方、安価な大量生産型ワインがあるのも事実。アメリカという国は、とても両極端なワイン造りをしているようです。しかし、今はエレガントなヨーロッパタイプのワインを造る人も増加傾向であり、アメリカのワインが多様性を取り戻し始めているようです。 今回、これからブレイクするであろうアメリカのワインについて、押さえておきたい基本を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

9割はカリフォルニア!?

アメリカでは、およそ5から6つほどの産地に分けられています。その中でも、特に大切なのがカリフォルニア州です。 ゴールドラッシュによって人が集まってきたことをキッカケに、ワイン造りが盛んになります。その後、パリ試飲大事件であったり、たぐいまれなるビジネスセンスにより産地がブランド化。ナパヴァレー、ソノマヴァレーなどの出現により大きく世界と戦えるワイン産地となったのです。 そのことからも、何と現在のアメリカのワインの総生産量の9割はここカリフォルニアです。その他、オレゴン、ワシントン、ニューヨークもあるのですが、やはり押さえておくべきはカリフォルニアでしょう。

ジンファンデル

アメリカワインといえば、濃厚なカベルネソーヴィニヨンやシャルドネ、高品質なソーヴィニョンブランがイメージされます。また、オレゴン州などではピノノワールも良く知られており、国際品種がアメリカワインのイメージを強くしています。 しかし、イタリアの南部の主要品種であるプリミティーボというブドウと同一品種のジンファンデルが特に有名です。アメリカといえば、ジンファンデルというくらい、とても古くから愛されている品種です。 当初、甘口のホワイトジンファンデルというロゼが出回りましたが、世間的に有名になると辛口の高品質なワインも続出してきます。アメリカといえば、実はジンファンデルなのです。

AVA

フランスはAOC、イタリアはDOCなど、原産地呼称制度はワインを購入する際には最も大切な指針であることは分かっていると思います。実は、アメリカにもそういったものがあり、AVA、アヴァと呼ばれています。 アメリカン・ヴィティカルチュアル・エイリアズの略称で、政府認定栽培地域とされているのです。政府が指定した産地で、決められたブドウを、決められた法律内で造ればその産地が名乗ることができるわけです。 AOCと若干違う部分もありますが、ほぼ同一内容と捉えて良いでしょう。アメリカのワインで高品質なものを探したい時、このAVAを参考にするのもひとつの手段でもあるのです。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る