国産ワインについて

日本国産ワインの材料ブドウ

ワインといえば海外のものをイメージしますよね。

日本でもワインは作られています。

日本のワイン作りの歴史は、明治維新になってからとされています。

明治政府は、殖産興業政策の一環として、

ぶどう栽培・ワイン醸造振興策を加えました。

時代背景として、当時の日本は米不足でした。

そのため、米を使用する酒造りは控えるようにしてました。

政府は、ヨーロッパやアメリカからぶどうの苗木を輸入して、

山梨県などの各地でぶどう栽培とワイン醸造を推奨しました。

1. 明治7年〜36年にかけて

明治7年(1874年)には、ワインの醸造を行っています。

当時のワイン醸造の知識といえば、

書物や来日外国人の知識しか頼るものがありませんでした。

明治10年(1877年)にワイン醸造法習得のため、

日本人として初めて本場フランスに留学しました。

帰国すると、日本で最初のワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」をつくります。

明治24年(1891年)には、日本の風土に適したぶどうの品種改良が始まります。

明治34年(1901年)は、神谷伝兵衛が茨城県牛久でワイン醸造を開始します。

明治36年(1903年)にフランス様式の牛久シャトーを完成させます。

しかし、本格的なワイン(テーブル・ワイン)は、

当時の日本の食生活には受け入れられませんでした。

そのため、甘味果実酒の原料ワインとしてワイン作りが続いていました。

日本産の本格的なワインが広まったのは、戦後になってからです。

2. 国産ワインのぶどう品種

日本では、全国でぶどう栽培が行われています。

明治政府は、多くの品種のぶどう苗木をヨーロッパやアメリカから輸入しました。

これにより、ぶどう栽培やワイン醸造を推奨しました。

ヨーロッパ系ぶどうは、気象条件の違いや病害虫などにより、

日本の風土に適応できませんでした。

そこで、川上善兵 衛は、日本の気象条件に適するワイン用の購買に取り組みました。

そのうちの1つが、「マスカット・ベリーA」です。

日本の在来品種である「甲州」は、

奈良時代の仏教の伝来とともに中国から伝来した品種と言われています。

シルクロードを通り、中央アジアから中国にもたらされたヨーロッパ系品種です。

3. 日本で栽培されているぶどう品種

日本固有の主要ぶどう品種は、

赤ワイン用は、「マスカット・ベリーA」、「ブラック・クイーン」、「山ぶどう」。

白ワイン用は、「甲州」、「竜眼」。

日本で栽培されている主要ワイン専用品種は、

赤ワイン用は、「メルロー」、「カベルネ・ソーヴィニヨン」、「ピノ・ノワール」、

「ツバイゲルトレーベ」。

白ワイン用は、「シャルドネ」、「セイベル」、「ミュラー」、「トゥルガウ」、

「ケルナー」、「リースリング」、「セミヨン」。

いかがでしたか?

「甲州」と「マスカット・ベリーA」は生食との兼用食品ですが、

近年では、ワイン専用のヨーロッパ品種が導入され日本各地で栽培に成功しています。

是非、国産ワインを飲んでください。

 

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る