優しい甘さを持つセミヨン

ぶどう

飲みやすいセミヨンはブレンドなどにも使われる、他のブドウ品種とも相性のいいものです。

甘口から辛口、発砲したものなど、同じ品種でありながら、様々な顔を持つワインなので、違いを楽しむことが出来ます。

今回は、そのセミヨンの特徴や味わいなどについてご紹介します。

 

セミヨンの特徴

セミヨンは比較的強く育ってくれるため、安定して収穫できる品種とされています。

最適な場所は、昼間は暖かく日差しがしっかりと当たり、夜は冷えやすくなる気候です。あまりにも、昼も夜も暑いままというのは好みません。

これに適した場というのが、フランスのボルドー地方です。主にこの場で作られており、これがセミヨンの世界の栽培の4割を占めています。

ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデル、セミヨンはボルドー地方で認められている白ブドウ品種で、これらをブレンドすることも多くあります。ここでは、辛口のものを主に生産し、ボルドー・ブランと呼び限定された場所で生産されています。

オーストラリアでも多く栽培されていて、ハンター・ヴァレー・リースリングと呼ばれていました。

オーストラリアではシャルドネの次に栽培され、シャルドネやソーヴィニヨン・ブランとブレンドもされています。

ハンター・ヴァレー・リースリングと呼ばれていますが、リースリングというブドウ品種ではなく、もちろんセミヨンのことを指します。

当時は、リースリングから作られた味に似ていたことから、この名が付いたようです。

ここでは甘口のワインもあれば、辛口のワイン、そして、発酵したものなど様々なタイプを造っています。

セミヨンは、長期熟成にも耐えられる品種のため、10年以上寝かされていたものも存在します。オーストラリアや南アフリカでも栽培され、20世紀半ばには白ワインの代表的品種になりますが、シャルドネの人気が高まり、現在ではほとんど作られなくなりました。

セミヨンは7種ほどクローンが認められています。ボルドー地方では、クローンを使った畑が増え、現在では70を超えるクローン保管の畑が存在します。

 

香り・味わい

セミヨンは糖度が高く、酸味もあまりつよくないため、ワインが初めての方でも飲みやすい味わいになっています。

香りは、ソーヴィニヨン・ブランのような強い香りはないものの、ハチミツや洋ナシのような程よい甘さを感じることが出来ます。

長期熟成すると、よりハチミツのような香りが強まり、香ばしさを感じられるようになります。

 

ワインの見た目

比較的透明に近い色をしています。若干黄色が加わります。

長期熟成したものは、その黄色がより強くなり、黄金のような美しさが出てきます。

 

その他

◇相性のいい料理

・ホットパイ

・フルーツ

・デザート

・ブルーチーズ

 

◇主な産地

・フランス(ボルドー地方)

・オーストラリア

・カナダ

・ニュージーランド

 

◇飲む温度

3~7度

 

◇英語表記

Semillon

 

まとめ

セミヨンは、果皮が薄いため、貴腐が起こり易くなります。そのため、貴腐ワインの原料になることもあります。本来もつ甘みをさらに凝縮するため、最高のデザートワインになります。

現在では北海道や長野でも生産している畑が出来ているため、日本産のセミヨンも楽しむことが出来ます。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る