余ったボジョレーはこう使え!アレンジできるボジョレーヌーヴォーの楽しみ方!

%e4%bd%99%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%86%e4%bd%bf%e3%81%88%ef%bc%81%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%99%e3%81%a6

ボジョレーヌーヴォーはちょっと余りがち!?

毎年、11月になるとワインのビッグイベントが行われます。それが、ボジョレーヌーヴォーの解禁です。11月の第3木曜日に制定された新酒解禁パーティーは、ここ日本が特に盛り上がりを見せる一大イベントです。 とはいえ、ボジョレーヌーヴォーを外で飲んでワイワイするのではなく、自宅で沢山購入しているという方も少なくはないでしょう。 しかし、このボジョレーヌーヴォーなのですが、ガメイ種を使用していることからも味わいがサッパリしており、熟成には向いていない品種です。 つまり、飲み残しても熟成できないわけです。ここでは、そんな残ってしまったボジョレーヌーヴォーを美味しく飲むための、ちょっとした工夫を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

冷やして氷で!

ボジョレーヌーヴォーの味わいは、さっぱりと渋みの少ない、果実味溢れた爽やかな味わいです。つまり、赤ワインにおいて大切とされているタンニンが少ないため、常温で飲むと味気ないないというか、気の抜けた味わいになってしまうのです。 そこで、おすすめなのが氷を入れて冷やして飲むという方法です。果実味があり、イチゴの酸っぱい雰囲気を持っていることもあり、冷やして飲むと特段美味しく感じます。バケットに生ハムやチーズを乗せたものと合わせると、特に楽しく飲めるのではないでしょうか。

スムージーにしてしまう

ワインをスムージーにする、という発想はなかなか出てこないと思いますが、これが不思議と美味しくできあがるのでおすすめです。 ボジョレーヌーヴォーのような早飲みワインは酸度が強めにあるために、こういったまろやかな味わいへと変化させるスムージーは特におすすめです。 ブラックベリーやラズベリーなど、小粒で酸味、果実味が強いものをブレンドしてブレンダーにいれます。案外、白ブドウと混ぜ合わせるのも良いかもしれません。出来上がったのちに、冷凍していた果物をアクセントに混ぜ入れるのも美味しく飲めるコツですね。

ロゼにする

ロゼワインというと、赤と白の間というイメージがあります。造られ方はその地方によって違うのですが、フランスでは一部の地域を除いて赤ワインと白ワインを混ぜて販売することは、法律で禁止されています。 とはいえ、自宅であればそんなことは全く関係ありませんよね。ボジョレーヌーヴォーに甘さのある白ワインを混ぜると、とっても素敵なロゼワインが出来上がります。また、甘みのあるサイダーをバランス良く混ぜてスパークリング風に仕上げるのも良さそうですね。 友人などが自宅に遊びに来た時、ポテチなどのスナック菓子に合わせると、素晴らしいマリアージュを発揮します。ワインといえば、格式の高い食事と思われがちですが、別にジャンクフードだって美味しく飲めます。ぜひ、ボジョレーヌーヴォーを楽しく、面白く飲んでみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る