代表的な黒ぶどう品種を押さえよう

黒ぶどう品種を知るところから

世界中で造られ、そして愛されているお酒のひとつといえばワインでしょう。ヨーロッパを中心に、オーストラリアやチリ、アルゼンチン、アメリカなどニューワールドと呼ばれる地域まで、生産地は至るところにあります。 そのため、国内でも各国のワインを多く手に入れられますが、多過ぎて何から選んでいけば良いか分からなくなってしまうかもしれません。 実は、ワインを選ぶ基本としては、ワインに使われるぶどう品種を押さることが必要です。ここでは、ワインに使われる代表的な黒ぶどうをいくつか紹介します。ぜひ、参考になさってみてください。

カベルネ・ソーヴィニョン

フランスのボルドー地方原産の有名黒ぶどうが、カベルネ・ソーヴィニョンです。世界中でも栽培されている品種で、タンニンが豊富でボディが逞しいのが特徴です。 晩熟タイプの黒ぶどうであり、骨格がしっかりとしているので長期熟成に向いています。香りはカシスや黒胡椒など、華やかで重厚な印象となります。フランス以外では、イタリアのボルゲリ地区やカルフォルニアのナパバレー、チリなどの品質が高いと言われています。

メルロ

メルロは、フランスでの栽培面積が1位、黒ぶどうでは世界でも幅広く栽培されている品種です。ボルドー地方の重要品種とされており、カベルネソーヴィニョンとのブレンド用に使われています。 味わいはふくよかでタンニンは控えめ、プラムの香りが特徴です。ボルドーのポムロールやサンテミリオンではメルロが主役の赤ワインが造られており、世界的に有名です。 また、日本では長野県のメルロの品質が高いとして知られています。

ピノノワール

高貴なぶどう品種、と言われる黒ぶどう品種として有名なのがピノノワールです。あのロマネコンティを有するフランスのブルゴーニュ地方の重要品種として知られ、高酸度でタンニンが控えめなエレガントさが味わいの特徴です。 ニュージーランドやオレゴンなどでも栽培されています。ピノノワールはとても繊細な品種で土地の影響を受けやすいため、他の地域はブルゴーニュ地方のピノノワールには敵わないと言われています。

シラー

フランス・コートデュローヌ地方の重要品種として有名な黒ぶどう品種がシラーです。オーストラリアでは、シラーズと呼ばれています。 一目でそれと分かるような濃い赤色をしており、香りも味わいもとてもスパイシーなのが特徴です。長期熟成タイプが多いことからも、濃厚でタンニンが強めの重厚な赤ワインとなります。

まとめ

知っておけば役に立つ、代表的な黒ぶどうを4つ紹介しました。世界には、まだまだ土着品種を含め数多くの黒ぶどうがあります。 店舗にあるどのワインを選べば良いか分からない時には、使われているぶどう品種を確認しながら探すのも良いのではないでしょうか。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ