亜硫酸塩などのワインの添加物

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインは、日本酒や焼酎、ウイスキーなどと同様にアルコールを含む、お酒です。中でもワインは、アルコールによる気分高揚の効果だけでなく、ポリフェノール類などが健康維持に効果があるといわれており、日本国内でもブームが巻き起こりました。健康飲料としても愛されているワインですが、やはり気になるのは添加物です。ワインには添加物が使われているようですが、一体それは何なのでしょうか。ここでは、ワインの添加物についてを解説します。

亜硫酸塩

ワインラベルの裏側を見ると、亜硫酸塩という物質が添加されていることが分かります。亜硫酸塩には、亜硫酸Na 次亜硫酸Na ピロ亜硫酸Naなどがありますが、ワインに使われるのは二酸化硫黄となっています。

この亜硫酸ですが、以前より健康被害が叫ばれており、直接人間が二酸化硫黄を吸い込んでしまうと、肝臓の組織呼吸に障がいがでる可能性があるといわれています。

さらに、飲み過ぎることによって肝臓にも負担がかかるため、亜硫酸が含まれない無添加ワインを飲むことが推奨されています。

亜硫酸を添加するワインとは

ワインは、ブドウの果実を直接圧搾して発酵させるため、単式発酵と呼ばれる醸造酒に分類されます。ブドウには、ブドウ糖と酵母が付着していることから、果実を潰すことで勝手にアルコール発酵が始まるのです。

ただし、ブドウは空気中の酸素に触れることにより、含まれるさまざまな成分と化学反応を起こしてワインの香味に悪影響を与えます。さらに、ワインの味わいに悪影響を与える酵母や雑菌などの繁殖を防ぐ必要もあります。

そこで亜硫酸が使われるのです。多い場合、ブドウを収穫して発酵させる時、樽へ移動させる時、マロラクティック発酵をする時、さらにボトリング前に添加されます。

世界的にナチュラルな味わいのワインを目指す生産者が増加している傾向があるために、亜硫酸の添加はボトリング前に行われるのみの場合が多いですが、多くの亜硫酸は含まれていると思ってよいでしょう。

亜硫酸を添加しないとどうなるのか

亜硫酸は悪であるというイメージが強いですが、仮に亜硫酸を添加しないワインの場合、酸化が早まってしまいます。まず、ワインには必ずアセトアルデヒドという成分が含まれており、亜硫酸を使うことでボトリング後も相殺して香味を保ちます。

亜硫酸塩添加が無い場合、アセトアルデヒドがフリーになるため青臭い香りが目立ってしまいます。

また、ワイン中の成分が空気中の酸素に触れることで、酸化作用が起こり、ワインの味わいを劣化させていきます。亜硫酸塩を添加することにより、こういった酸化を防止して美味しいワインの味わいを保つという役割もあるのです。

亜硫酸はどこまで添加されたら問題なのか

亜硫酸塩は、摂取しすぎると身体に害があることは確かです。ただし、気体で吸った場合に限りであり、ワインのように液体に溶け込んでいる場合には害は報告がありません。

WHOによる亜硫酸塩の最大無毒性量の結果では、体重1kg当たり、1日に70mgを摂取しても問題は無いと報告されています。

40kgの体重の場合、1日に2,800mg摂取しても毒性はなく、1ℓ当たり30gの亜硫酸塩添加のワインを1日100ℓ飲んでも健康被害は無いという計算になります。もちろん、アルコールの摂取量が多いために、他の悪影響が考えられます。

そのほかの添加物

ワインの添加物は多くの場合、亜硫酸塩ですが、ほかにビタミンC、ソルビン剤などが挙げられます。ただし、ごく一部のワインであり、大量摂取で無い限りは問題はありません。もし、ワインの添加物が気なられる方の場合は、ヴァンナチュールのような、オーガニック認定を受けたワインを選ぶことをおすすめします。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る