世界的に通用する日本製のワイン

国産

日本ワインのワインは凄いのか!?

ワインといえば、フランスやイタリア。こんなことを思う方が、恐らく殆どだと思います。ワインの歴史を見ると、イタリアからフランス・マルセイユにワイン造りが広まっていき、紆余曲折を経て、この二大国は銘醸ワインの大名産地として成長を遂げました。

ある意味、フランスのワイン造りさえ見ておけば、世界のワインが分かったようなもの、といっても過言では無いくらい、フランス=ワインの図式は成り立ちます。とはいえ、技術の進歩などを背景に、チリやアルゼンチン、オーストラリアなどニューワールドと呼ばれる高品質ワインを作る国も増えています。

ワインは、今や世界の至るところで生み出される、世界規模の「酒」であるといっても過言では無いのです。さて、そんなワインなのですが、我が国日本のワイン造りも近年世界的に注目されており、フランスに匹敵するレベルの高いワインをいくつも世に送り出しています。

山梨県の甲州、長野県のメルロやシャルドネ、山形県のデラウェアに北海道のピノノワール。梅雨のある日本での高品質なワイン造りは難しいとされながらも、その逆境をはねのけ、今や世界に誇る銘醸地として君臨しているのです。ここでは、そんな日本におけるワインを簡単に説明します。ぜひ、知識として役立ててください。

 

日本におけるワインとは?

日本にはワイン法が無いことをご存知でしょうか。他国の場合は「ブドウまあはブドウ果汁を醸造したアルコール飲料」がワインと定義されますが、日本では「ブドウ以外の果実の醸造酒」「濃縮果汁の醸造酒」「輸入バルクワインを瓶詰めしたもの」も、ワインと認められます。

そのため、日本には「日本ワイン」と「国産ワイン」という、二つのワイン分類が存在する自体が起きています。では、この二つを簡単に初回していきます。

 

国産ワイン

国産ワイン、と聞くといかにも日本独自のワインという響きなのですが、実は「ブドウ果汁以外の醸造酒」をはじめ「海外産濃縮果汁」「海外産バルクワイン」を原料としているワインのことなのです。

簡単にいうと、海外でとれたブドウ果汁やワインを大量に購入し、日本の醸造所で瓶詰めしたワインが国産ワインとして売られています。

品質の高さ、低さはさておき、価格が低く大量に流出させることが可能なので、大手メーカーなどがこういった方法でワインを販売しています。料理用のワインなどは、これに当てはまるのではないでしょうか。

 

日本ワイン

一方、日本ワインとなると規定が厳しくなります。国の公的機関ではありませんが、日本にはワインの品質を向上させるため「ワイン表示問題検討協議会」なるものがあります。そこが定めている規定を守ったワインなどが、主に日本ワインとして流通しているワインとなります。

規定としては、産地や品種、年号表示するためには国産ぶどうを100%使用していることが条件となっています。

さらに、同一産地、同一品種、同一年号のブドウをそれぞれ75%使用することが定められています。厳しい規律が守られることにより、品質が向上するだけでなく、海外を市場として勝負ができるワインが出来上がるのです。

 

甲州は日本が誇るぶどう!?

そんな中、今世界が大注目し続けてる日本ワインがあります。それが、甲州ワインです。東洋系品種である甲州の大産地である山梨県は、勝沼を中心に高品質なワインを製造しています。2010年に甲州がO.I.Vのリストに掲載されて以来、より人気となった甲州ワイン。

2013年にはついに日本ではじめて、国税庁長官が「山梨」を日本のワインの産地名として指定し、山梨県産のぶどうを100%使用することで「山梨ワイン」の表記が許されることとなったのです。

こうしたことにより、フランスの名立たる銘醸地に対抗できるワイン産地があると世界にアピールができるようになったのです。これからは、山梨だけでなく、日本のワイン産地がレベルを上げていき、世界と対等に渡り歩くことになるでしょう。

我々は今、日本ワインの進化に立ち会えるという、非常に幸せな時を過ごしているのです

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る