一味違ったワインカクテルのレシピ

カクテル

ワインそのものを楽しむのも良いですが、たまにはカクテルにして、気分を変えてみるのも良いでしょう。

ワインも、人によっては飲みづらいと感じる人もいるため、ワインカクテルの作り方を覚えておくと色々な場面で使えます。赤ワインは苦くて苦手、という人も、カクテルから入っていくうちに苦手を克服しているケースもあります。

今回は、ワインカクテルの中でも有名なものを中心に紹介していきます。

 

ワインカクテルの作り方

◇キール(Kir)

ワインカクテルの定番といえるカクテルです。

甘くて飲みやすく、白ワインを使っているため渋みも感じません。

【レシピ】

白ワイン…100ml

カシスリキュール…20ml

 

◇スプリッツァー(Spritzer)

ドイツ語で、はじけるという意味を持つカクテルです。

ワインとソーダを混ぜる、爽やかなカクテルです。

甘いカクテルが苦手な方に向いています。

【レシピ】

白ワイン…90ml

ソーダ…90ml

スライス・ライム…適量

 

◇キティ(Kitty)

赤ワインとジンジャーエールを組み合わせたカクテルで、大変飲みやすいです。

アルコール度数も低くなるため、お酒が弱い方には向いているでしょう。

【レシピ】

赤ワイン…90ml

ジンジャーエール…90ml

 

◇カリモーチョ(Calimocho)

赤ワインとコーラで作る甘いカクテルです。

これも、キティ同様アルコール度数が低いお酒になります。

最近は、カロリーゼロのコーラも販売されているので、ダイエットなど気にしている方は代用できます。

【レシピ】

赤ワイン…90ml

コカコーラ…90ml

 

◇カーディナル(Cardinale)

キールの赤ワインバージョンのようなカクテルです。

白ワインより赤ワインの方がアルコール度数が高いので、少し強いカクテルになります。

カーディナルとは、カトリック教会における教皇の最高顧問が身につけるケープに似ているということからこの名がつけられました。

【レシピ】

赤ワイン…100ml

カシスリキュール…20ml

 

◇ワイン・クーラー(wine Cooler)

フルーティーな味わいで、クラッシュドアイスがゴロッと入った夏場に向いているカクテルです。

名前にクーラーと入っているように、涼やかなドリンクになります。

【レシピ】

ロゼワイン(もしくは白ワイン)…90ml

オレンジジュース…30ml

グレナデンシロップ…15ml

ホワイトキュラソー…10ml

 

◇オペレーター(Operator)

さっぱりとして飲みやすく、レモンが疲れた体を癒してくれます

【レシピ】

白ワイン…90ml

ジンジャーエール…90ml

レモン汁…お好みで

 

◇ホットワインレモネード(Hot wine lemonade)

冬にはホットワインがおすすめです。

冷えた体を、内から温めてくれるカクテルです。

【レシピ】

赤ワイン…60ml

お湯…90ml

レモン汁…お好みで

はちみつ…お好みで

 

◇ミモザ(Mimosa)

食前酒などにもおすすめのカクテルです。

色合いが美しく、ミモザの花に似ているため、この名がつけられました。

【レシピ】

シャンパン…90ml

オレンジジュース…90ml

 

まとめ

ワインカクテルは、飲みやすいため、つい飲みすぎてしまいます。

中には強いお酒も入っているため、お酒が弱い方は少し注意して飲みましょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る