ワイン通の第一歩!正しいワインの選び方と飲み方

飲み方

ワインの好みは人それぞれです。

しかし、一度飲んでみないと味がイメージ出来ないという方もいます。

また、ワインの楽しむ飲み方なども、なんとなくは知っていても、どのように行えばいいかわからないという方も多くいます。

今回は、ワインを選ぶときの基準や、正しい飲み方についてご紹介していきます。

 

ワインの選び方

ワイン選びには、まずワインのラベルを見ます。

そのラベルのことを、フランス語ではエチケットと言います。

元は、着席する順番などを書いたものだったのですが、ここから派生して、エチケットは礼儀などの意味になっていきました。

ワインのエチケットは、ワインの銘柄、商品名、そして収穫年や所在地、ランクなどが細かく記載されています。

そのため、エチケットを見ればワインがわかるとも言えるのです。

しかし、エチケットは基本的にその国の言葉で書かれているため、なかなかすべて読み解くことは難しくなります。

だんだんとポイントはつかめてくるので、はじめのうちは日本語に訳されたワインのエチケットを探して見てみましょう。

また、ボトルもそのワインの特徴を活かすためのものとして造られています。

ボトルを見るだけで、中のワインを大雑把ではありますが、イメージすることが出来ます。

そして、そのワインの重さ(ボディ)を理解しておくことで、そのワインの大まかな飲むタイミングもつかめます。

 

【エチケットの見方】

・産地を確認しましょう

産地によって、土壌や気候も違う分、ブドウの味が同じ品種だったとしても変わってきます。

また、国の違いだけでなく、地方によっても変化が見られます。

たとえば有名なフランスのボルドー地方では、赤ワインを中心に作られています。

また、シャンパーニュ地方では、その名からイメージできるように、発泡酒ワインを中心に製造されています。

 

・使われているブドウの品種を確認しましょう

フランスのワインなど、特に品種の記載のないワインもありますが、記載があった際には、ワインの味がイメージしやすくなります。

 

・ヴィンテージを確認しましょう

ヴィンテージとは収穫年のことです。

その年によって、ワインのコクや味わいが変わってきます。

 

・ワイナリーやメーカー名を確認しましょう

ワインを学びだしてすぐは、ここまで知るのは難しいですが、理解して来れば、そのワイナリーの特徴なども分かってきます。

そこから、そこのワインがどれだけ素晴らしいものか感じながら飲むことが出来ます。

 

【ボトルの見方】

・ボルドー型

いかり型とも言われる形で、旗が張っているタイプのボトルを指します。

名前の通り、フランスのワイン産地ボルドー地方から取られた名前です。

しかし、現在では多くの場所で使用されています。

ボルドー型には、赤は渋みが強く濃厚なものが、白はすっきりとした辛口のものが入っていることがほとんどです。

 

・ブルゴーニュ型

なで肩タイプといわれる形です。

ボルドー型に比べて、なめらかになっています。

名前の通り、フランスのワイン産地ブルゴーニュ地方から取られた名前です。

しかし、ボルドー型同様、こちらも現在では多くの場所で使用されています

ブルゴーニュ型には、赤は酸味の少し感じられるすっきりとしたものが、白は濃厚な味わいのものが入っていることがほとんどです。

 

・背の高く細いボトル

なで肩よりも、もう少しシュッとスマートなボトルがあります。

それは、基本白ワインに使われています。

フランス産、辛口のもの、ドイツ産は、フルーティなものが多く使われています。

(ドイツ産の茶色い瓶はフルーツワインに使われることもあります)

 

・シャンパーニュ型

背の高く細いボトルをもう少し太らせたような瓶は、シャンパーニュ型といって、発泡性ワインに使われています。

コルクも大きめで、気圧がかかっているため、開封時に飛び出しやすくなっています。

 

・その他

その他にも、その国独自のボトルが作られています。

例えば、ボトル半分を藁で包まれているボトル(キャンティ型)や、大きな丸みをおびている形(ボックスボイテル型)をしているものなどです。

 

【重みの見分け方】重さ(ボディ)とは、主に赤ワインで使用される用語です。

ワインを口に含んだ時に感じる感触のことを指しています。

 

・フルボディ

英語表記ではfull-bodiedとなり、体を意味します。

豊満な、グラマーなという表現です。

濃厚で、比較的高価なものが多くなります。

しかし、フルボディ=高級ではないので、フルボディで安いワインはあまり信用できません。

 

・ミディアムボディ

体で言うと、中肉中背を意味します。

フルボディとライトボディの間で、料理に合わせやすい重さです。

 

・ライトボディ

体で言うと、スレンダーな、細い、といった意味になります。

飲みやすく、比較的低コストでの購入の可能なワインです。

赤ワインにまだ慣れていない人は、ライトボディから始めましょう。

 

ワインの飲み方

・注ぎ方

注ぐ量は、ワインによって変わりますが、基本はグラスの四分の一ほどです。

ワイングラスの一番膨らんでいるところを目安にすると良いでしょう。

たくさん注いでしまうと、香りの広がりが感じにくくなってしまい、少なすぎるとすぐに温まりやすくなってしまいます。

 

・注がれ方

ワインを注いでもらう場合、ついグラスを持ちたくなってしまいますが、ワインでは必要ありません。

グラスは、テーブルに置いたままにしましょう。

 

・テイスティングの仕方

テイスティングは、色や香り、味わいを楽しむことを言います。

 

【色の楽しみ方】

グラスを自分とは逆方面に、約45度傾けます。

そこに映る色を確認します。

例えば赤ワインだと、熟成していることにより、より深みのある色に変化していることも確認できます。

 

【香りの楽しみ方】

・グラスを鼻の方へ持っていき、香りを確認します。

さらに、グラスを左回りに一回転させて香りを楽しみます。

その瞬間、ふわりと香る匂いを感じて下さい。

傾けすぎないよう注意しましょう。

 

・グラスを回して風味を感じます。

テーブルに置いたまま、行うとやりやすくなります。

中に入っているワインが渦巻状になる回し方がスワーリングといいます。

回す前と後で、香りが変わるので、それを楽しむことが出来ます。

 

【味わいの楽しみ方】

口に含んで、しっかりとタンニンなどの苦みや、爽快さなどを感じます。

よくソムリエが、口に含んで、空気を入れる飲み方をしますが、お店では絶対にしないでください。

 

・ワイングラスの持ち方

グラスの脚部分に、親指、人差し指、中指の3本を使って持ちます。

ワインが入っている部分は手の温かみで熱を与えてしまうので絶対に避けてください。

グラスを優雅に持つイメージで行いましょう。

グラスを置くときも、注意しながら行うと良いでしょう。

 

まとめ

ワインを正しく飲むことで、大人の魅力を挙げることが出来ます。

ワインの正しい飲み方を知ることで、より一層、楽しみながらワインを知っていくことが出来ます。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る