ワイン通になるなら甘口!ワインの甘口とは

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインの場合、普段我々が飲んでいるような一般的なワインを辛口と表現されています。日本酒や焼酎など、こういった類いのお酒には辛口という表現もあるようですが、辛口とはいえ日本酒は甘いですし、焼酎はアルコール度数が高いのでまろやかさがあります。

ワインの場合、フルボディとかミディアムボディ、ライトボディなどこういった分けられ方がなされます。甘口、辛口という表現は初心者の方には少々わかりにくいかもしれません。ここでは、ワインの甘口についてを紹介します。ぜひ、参考になさってみてください。

貴腐ワインを知る

まず、ワインの場合は貴腐ワインなどが甘口ワインといわれています。または、糖度がとても高い状態のワインです。ワインは、ブドウの果汁の中にある水分と糖分によってアルコール発酵が行われます。

糖分を全て使い切ってしまった場合、アルコールと二酸化炭素が発生していくために、辛口となります。一方、糖度を使い切らずに途中で発酵を辞めた場合、アルコール度数はさほど上がりませんが、甘さは残ります。これが、ワインでいうところの甘口となります。

貴腐ワインなどは、糖度が高いブドウを収穫して、それを発酵させます。寒い地方や霧が多く発生するような、一見ワインに不向きな環境で造られている高級ワインです。一本のブドウ樹から、ワイン1本しかできないと言われているくらいですので、価格もある程度は高額なものが多いようです。

シャンパーニュなどの場合

ワインの場合、通常のスティルワインに関しては、辛口とか甘口という表現をラベル自体にはあまりしていないようです。逆に、スパークリングワインに関してはこの表記が多くなされています。

ブリュット、ブリュットナチュール、セック、ドゥミセッック、ドゥーなど、フランス語表記で甘口や辛口といった味わいの差が記載されているようです。シャンパーニュなどのスパークリングワインの場合、門出のリキュールという甘いリキュールが最後に添加されます。

これは、澱抜きをするためにシャンパーニュの全体量が現象してしまうこと、さらには辛口になっているので甘みを感じなくなっていることが挙げられます。

もちろん、シャープな味わいを狙った辛口は数多くありますが、飲み口や甘めの味わいを楽しめるスパークリングワインには、このように最後にリキュールが添加されているのです。

酒精強化ワイン

厳密にいうと、甘口ではありませんが、酒精強化ワインもその一種です。発酵前、発酵中にリキュールを添加することにより、アルコール度数が高まります。

また、アルコール度数が高い場合はまろやかさも感じられますので、結果的に甘口となっていきます。保存が効くワインとなるので、長い間美味しさを保つことができるのでおすすめです。

甘口ワインも美味しいのでぜひ!

美味しいワインはどんなワインなのか、というのは人の味覚によっても大きく変わってきます。甘口ワインを馬鹿にするワイン好きも多いようですが、非常に人気がありますし、疲れも吹き飛びます。

こういった意味合いからも、甘口ワインを馬鹿にするのではなく、敢えて甘口ワインを上手に使いこなす人の方がワイン好きとしては尊敬されるべきでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る