ワイン瓶の底にたまる澱とは?ワインの澱と美味しく飲むコツ!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインを購入した時、ワイン瓶の底にホコリみたいなものが溜まっていることがないでしょうか。

特に、無濾過ワインやビオワインといったような、徹底的した清澄作業が行われずに、そのままの味わいを尊重して出荷されるワインには良く見られる現象です。しかし、何だか気持ち悪いと思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、ワインの澱は不潔どころかワインに旨味を与える大切な存在、さらには人体にも無害なのです。ここでは、ワインの澱とは何なのかを解説していこうと思います。

酒石酸

まず、ワインの澱と思われるものの中で、酒石酸というものがあります。これは、具体的には澱ではないのですが、キラキラとした粉のようなもので、澱に見た目は似ています。

酒石酸とは、ブドウ果実に含まれている有機酸の一部であり、こちらも無害です。赤ワインとは違い、白ワインに多く見られる傾向があります。酒石酸とミネラル成分などが結晶化して、澱となっていきくのが、この場合の澱の招待です。

実は、ワインの宝石ともいわれており、美しいとすらいわえれています。酒石酸が見えた時には、特に気にせずにラッキーだと思うくらいでよいでしょう。

タンニンなどのフェノール類

さて、ここからは本当の澱についてを解説していきましょう。果皮や種子、熟成樽にも含まれていますが、タンニンやアントシアニンなど、ワインにはこういったフェノール類が多く含まれています。

熟成の時間が経つにつれ、こういったフェノール類が結晶化していき底部分に沈殿していきます。タンニンに関しては、縮合型タンニンというものがあり、水溶性のタンニンではありません。最初は、渋みが強くて飲みにくいワインと思われるのですが、徐々に円みを帯びていくためにまろやかになっていきます。

分子が大きくなっていき、結合ができなくなることで、澱となり底へ沈殿していくのです。要するに、熟成に耐えることができる、高級な赤ワインに見られる傾向であり、澱がしっかりとできているということは、それだけ上質な味わいを楽しめるということなのです。

デキャンタージュ

澱が気になってしまう方は、まず飲む前には必ず数時間前は垂直に立てておくことをおすすめします。横にしておき、縦にすると澱が瓶内を舞ってしまいます。さらに、デキャンタージュをすることもおすすめします。

デキャンタージュとは、専用の瓶の中に赤ワインを入れておき、酸素と触れさせて香りを開かせる目的があります。しかしながら、一方では澱を底に溜めておくという効果もあります。

瓶内の底へと澱が溜まっていったことが分かり、さらには香りも開かせるので、ゆっくりと美味しいワインを飲むことができるのです。

くぼんでいるのは、こんな理由!?

ワインの底がくぼんでいるのは、実は持ちやすくするためではなく、ちゃんと澱を底に溜めるために開発されているのです。澱が無いことがきれいで高級なワインということではなく、澱があるということは、上質で成分も充実しているということなのです。

今後、澱があるワインを発見したら、いい感じに今が飲み頃だと思ってもよいでしょう。ぜひ、いやがらずに澱のあるワインを楽しんでみてください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る