ワイン好き必見!上手にワインをネットで購入する方法を教えます!

ネットでワインを買うとオトクに!?

ワインの知識が徐々に増えはじめてきた方は、そろそろネットショップを頼っても良いかもしれません。 良いワインを購入する場合、店舗だと掘り出しものがあるかもしれませんが、ネットは自分の欲しいワインがお手頃価格で手に入る可能性があります。 人件費、店舗代、その他さまざまなコストが掛からないので、より一層安価な価格で同じワインを手に入れることができます。 とはいえ、ネットでの買物には不安もあるでしょう。ここでは、ワインをネットで購入する際のコツなどを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

信頼できるネットショップを使う

大手のワインショップも今やネットに力を入れています。とはいえ、店頭は10000円なのにネットショップで買うと9000円ということは無いでしょう。 ネットは安かったよ?と、言われて店頭で値引きしないわけにはいきません。おすすめなのが、地方の優良酒販店のネットショップ。案外、掘り出しもののワインを置いてあるだけでなく、やはり広い土地を有しているので保管状態も良く、価格も比較的安価です。 また、送料無料キャンペーンを行っている場合もあります。地方は、人を来店させることがなかなか難しいのでネットに力を入れています。 こういった、ネットでどんどん購入してほしいと思っている店舗は狙い目です。

口コミの怖さがあるので安心できる!

スーパーでいうと、あまりにも劣化した商品を置くことは無いと思います。ただ、借りに悪い商品があって悪口を言ったとしても、スーパーや他の現物する酒店には他の商品もあるわけですし、通う人は通います。 たまたまでは?と、思われて終わりです。ただし、ネットショッピングは違います。口コミ以外で知り得る情報などが無いため、購入者の評価はネットショップの大きな宣伝です。 当たり前ですが、5段階評価ができたとして、1点で最悪な店舗だったと書かれれば大ダメージです。それを見て購入を辞めた人が10人入れば、10人分の売上げを逃すことになるのです。ワインのような同じ商品を扱っているため、他の店舗でも買えてしまいます。手 軽なネットショッピングだからこそ、サービスが激化しているという見方もできるのです。

まとめ

ネットでワインを購入するのが怖い、という方でも知識をつけてリサーチを怠らなければ良い買物ができます。 また、近頃ではどんなワインを探しているのかメールや電話で聞けるサービスを展開している店舗も現れました。ワインを飲みたいけれど、探しにいくことができないという方はこういったサービスをフルに使って楽しんでみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る