ワイン好きなら知ってて当たり前?あの五大シャトーを紹介!

シャトー

ボルドー五大シャトーを知る!

ワインの銘醸産地といえば、間違いなくフランスです。長いワイン造りの歴史の中でより良いワイン造りを続けるために、厳しい法律なども定め、どの国よりも品質の高いワイン造りに着手した、言わばブランドワインのパイオニア的存在でもあります。

ワインをブランド化することに成功したフランスですが、その走りとなり、今でも世界中のファンを魅了して止まないのが、ボルドーの五大シャトーでしょう。

ワイン好きであれば、誰もが知ってることとはいえ、何となく、聞いたことはあるけれど、何んだか詳しくは分からない…と、いう方も多いようです。

ここでは、そんなボルドー五大シャトーを紹介します。

ボルドー五大シャトーとは?

まず、五大シャトーを説明する前に、五大シャトーとは一体何なのかを簡単に説明しましょう。

フランス、ボルドーのメドック地方では1855年のパリ万博博覧会において、格付けがなされました。第一級から第五級までの約60シャトーが格付けされており、ペサックレオニャンから1シャトーが追加され、61シャトーとなっています。

後の1973年にとあるシャトーが一級の称号を経て昇格しています。その61シャトーの頂点に立つ、最高品質の赤ワインを造っている醸造所が、この五大シャトーなのです。

ちなみに、制定された1855年以来、前述した昇格シャトーひとつを覗き、その格付けは一切変化はしていません。それだけ、歴史と伝統、品格がある厳しい格付けなのです。

シャトーラフィットロートシルド

まず、一番始めに紹介したいのが、メドック・ポイヤック村にあるシャトーラフィットロートシルドです。ボルドー格付けシャトーの筆頭的な存在であり、ボルドーワインの理想を液体にしたような、素晴らしいワインを生み出すシャトーです。

エレガントであり、豪快であるという、他に類を見ない素晴らしい赤ワインを生産しています。

シャトーマルゴー

メドックの上流に位置するマルゴー村の、シャトーマルゴーも非常に高名なシャトーです。ヘミングウェイが愛したというこのマルゴーワインは、フランスワインの女王と言われるように、とても丸みがあり女性的であると評されています。

繊細さを兼ね備えながらも、グラマラスで包容力のある、美しい貴婦人のようなワインを造ります。

シャトーラトゥール

こちらも、ポイヤック村にあるシャトーです。シャトーラトゥールは、不作が無いと言われるほどに高品質なワインを安定的に造り出すシャトーとして有名です。

販売されるワインに付けられるエチケットには、15世紀に土地を所有していたイギリス人が、海賊の攻撃より身を守るために築いたものであり、それが表現されています。

シャトー・オーブリン

シャトーオーブリオンは、メドック地方ではなく、グラーブ地区のペサックレオニャンという場所のシャトーであり、異質の存在です。

ボルドー最古の歴史を持ち合わせるこのシャトーは、唯一メドック地区以外から選定されている有名シャトーで、1814年のウィーン晩餐会で飲まれたと言われています。

この味に多くの人々が酔いしれ、フランスを救った救世主とまで呼ばれたシャトーとして知られています。

シャトームートンロートシルド

シャトームートンロートシルドは、唯一メドック格付けにおいて、格付け変更がなされた有名なシャトーです。

1973年に行われた格付けで二級から一級に昇格したムートンロートシルドですが、フィリップ・ロスシルド男爵は第一級になろうと、なるまいと我々の味は一切変わらないと自信みなぎる言葉を残したこも有名です。

まとめ

ボルドー五大シャトーは、味はもちろん、フランスワインの文化を支えてきた、非常に素晴らしい功績を残しているシャトーです。いつか、この味をじっくり味わう日が来ることを願っています。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る