ワイン好きなら知っておきたい!ロバートパーカーという男!?

ワイン好きなら知っておきたい!ロバートパーカーという男!?

ワイン好きなら知りたい、ロバートパーカーとは?

ワイン初心者の方にとってみて、何故ここまでワインの価格に差がついているのか、全くわからないという方は多いと思います。 ボルドーの格付けシャトーやブルゴーニュの有名ドメーヌなどは、歴史的背景や生産量と需要など、さまざまな要因が重なって高額取引されているのは分かるでしょう。 しかし、その他の地域で異様に価格が高額になったり、同じ生産地でも隣の畑は1本数万円、隣は1本数百円ということがワインの世界では起こるのです。 理由はさまざま複雑ですが、ひとつ言えるのはワインの味を評価する、ワイン評論家の得点です。 その中でも伝説的と言われる人物、ロバート・パーカーJrについて紹介します。ワイン好きは、必ず知っておくべき人物です。

ロバート・パーカーJrとは?

2016年の4月、ロバート・パーカーJrは、北部カリフォルニアの評価に専念し、ボルドー評価から撤退しました。 その功績は大きく、帝王と呼ばれてきたロバート・パーカーJrは、今日のワイン経済の礎を築いてきたといっても過言ではありません。 1975年に「ワイン・アドヴォケイト」という小売業者向けのワイン雑誌を発刊し、数千本に及ぶテイスティングで各ワインを100点満点で評価。 その点数で、一気にワインの価格が高騰することがあり、ワイン関係者の中ではまさに帝王として君臨していたのです。

パーカーに頼るワイン業界

ロバート・パーカーJrの評論は的確であり素晴らしく、その得点によってワイン業界の経済の流れが大きく変わってきてしまうという、ある意味異常事態が発生してしまいます。 シャトーマルゴー、シャトーラトゥールなど、ボルドーの1級シャトーが彼の評価を待って価格を決めるなど、とにかく市場が混乱します。 逆に言うと、ロバート・パーカーJrが低い得点をつけてしまえば、そのシャトーのその年のワインはかなりの売上げ減少となるため、彼にテイスティングされるのを恐れたシャトーも多いことでしょう。 そのため、濃厚で重厚、果実味溢れるワインを好んだと言われるロバート・パーカーJrだけに、多くのワイン製造者が彼好みのワインを造ってしまい、個性が失われたとも言われるほです。 もちろん、繊細なワインも評価しますし、そのあたりはなかなか難しいようです。

功績は素晴らしい

とはいえ、ロバート・パーカーJrの功績は素晴らしいものです。彼の存在により、ワイン評論家を目指す人物が増えたり、話題づくりの中心にいたことはワイン業界にしては大きなメリットです。 さらに、単純明快な100点満点法により、ワインに詳しく無い消費者にも宣伝しやすくなったというところです。ボルドーを去ったものの、まだまだ世界的に影響力は衰えそうにはありませんね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る