ワイン初心者へ送る、飲みやすいワイン情報

飲みやすい

ワインの魅力をご存知ですか?私もほんの数年前までワインなんて酸味が強いしあと味も好きになれず飲めない…というタイプでした。
しかし、ワイン好きな友人にすすめられたものを試してみると、飲みやすい!おいしい!といった具合にワイン好きになってしまいました。ワインって当たり外れがあるんだなーと身をもって知ったのです。
そこで今回はワイン初心者さんでも飲みやすいワインや、ワイン活用法についてお話ししたいと思います。

ワインの赤と白

ワインには大きく分けて赤ワインと白ワインがありますよね。赤ワインは肉料理やトマト系の料理に、白ワインは魚料理に合うというのはみなさん知っての通りです。では赤ワインと白ワイン、いったいどっちが飲みやすいのでしょうか?
個人の好みもあるかとは思いますが、白ワインの方がクセが少なくフルーティーで飲みやすいです。赤ワインはぶどうの渋さや酸味が独特であとを引く美味しさがあるのですが、それが苦手だという方もいるようです。ただし、赤ワインでも蒸留の仕方などでジュースのような甘さとフレッシュさがあるワインもあるので、全てがそうだとは限りませんが。

チリ産ワイン

ワイン好きな私の友人がイチオシだったのがチリ産のワインです。「チリ産は赤でも白でも間違いない!」と言っていたので実際に飲んでみました。これがワイン初心者の私にも飲みやすい!普段は全くワインはダメだったのに、2人でボトル1本軽く空けました。このとき飲んだのは白ワインで、本当にフルーティーですいすい飲むことができたのです。
酒屋さんに行けばチリ産のワインはたくさん置いてあります。しかも千円代の安いものでも飲みやすい!ぜひ産地をチェックしながら選んでみてください。

もし買ったワインが苦手な味だったら…

ワインをボトルで買ってしまったけど、やっぱり苦手だったとか、渋すぎて無理だった…とか、ハズレだったとかいう時があると思います。そんな時はアレンジして使ったり飲んだりしちゃいましょう!
料理に使うのは定番ですね。赤ワインは肉と相性バツグンなので、牛肉やハンバーグを煮込んだり、ソース作りに使ったりできます。白ワインは魚のソテーやブイヤベースに使えます。また、フルーツのコンポート作りに使うこともできます。
ジュースと混ぜて、カクテルとして飲むのも美味しくなります。例えばジンジャエールやオレンジジュースのと混ぜて飲むと、ジュースの甘味で渋さなどが緩和されますしアルコール度数も下がるので飲みやすくなるのです。フルーツを添えてオシャレに飲むのもアリですね。

まとめ

いかがでしたか?なんとなく遠い存在である気がしていたワインも、実は飲みやすく美味しいものがたくさんあるんです!ぜひチャレンジしてみてください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る