ワイン初心者に手軽にワインを伝える方法!門外不出の裏技を紹介!

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%ab%e6%89%8b%e8%bb%bd%e3%81%ab%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95%ef%bc%81%e9%96%80%e5%a4%96

ワイン初心者に伝える方法は!?

ワイン好きな方であれば、自分の周囲の身近な方たちにも好きになってほしいと思っているでしょう。 しかし、なかなか初心者の方にワインを美味しいと思ってもらうのは難しく、せっかく紹介したのにワインをリピートしてくれないことも多々あるようです。その原因は何なのでしょうか。 ここでは、初心者の方にワインをお勧めする時に必要であるキーポイントを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

押しつけはダメ!

ワイン好きの方に多いのが、自分の好きな銘柄を押し付けて人にも勧めてしまうことでしょう。ワイン好きがたどり着くワインは時に初心者向けで無いことがあります。 さらに、本当にお気に入りとなればある程度は自分のストーリーが入ってきます。そのため、そのワインまでたどり着くストーリーを持っていない初心者には何ら感動を与えることができません。 初心者の方にワインを勧める時は、あくまで飲みやすいワインを勧めることを考えましょう。

白ワインから赤へと

ワインを飲み慣れていない方の中には、赤ワインが苦手という方がとても多いです。理由はさまざまでしょうが、まず頭痛がするとか二日酔いするとか、身体異常をきたす問題です。赤ワインには頭痛を促す成分がやや入っています。 通常、そこまで問題ありませんが、チーズなどと合わせると引き起こしやすいと言われています。 また、ワインを飲むと頭痛がするという意識を植え付けられている人は想像だけで痛くなってしまうのです。まず、飲みやすい白ワインから勧めることが先決でしょう。

リースニングやゲヴェルツトなどの甘みのあるもの

人間が美味しいと感じるポイントに「甘み」が関係しています。例えば、チョコレートを食べた時に幸せを感じることができるのは、幸せ成分であるセロトニンが糖質によって分泌されるからです。 そのため、残糖分がほぼ無いようなワインは慣れると美味しいですが、ワインを知らない人からすると、取っ付きにくいのです。 まず、初心者に紹介するのであれば、リースニングやゲヴェルツトラミネールなどのライチ味のものがおすすめです。 もちろん、甘ければ良いわけではありません。あまりも甘いマスカット系だと、甘ったるい子どもの味わいと敬遠されます。酸味、果実由来の甘み、爽やかさ。この3点が揃っている白ワインから進めてみましょう。

赤ワインの場合

赤ワインに抵抗の無い初心者の方であれば、ボルドータイプとブルゴーニュタイプの2種類を勧めます。ボルドーは重厚ですが、ブルゴーニュはエレガント。 その二つを飲み比べてもらい、自分はどちらの系統のワインが合っているかを探ってもらいます。赤ワインに関しては、合う合わないで探すしかありません。相手に選択させ、ワインとの出会いを楽しんでもらうのが先決でしょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る