ワイン以外も飲むべきか!?いろいろとお酒を飲みたい理由!

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e4%bb%a5%e5%a4%96%e3%82%82%e9%a3%b2%e3%82%80%e3%81%b8%e3%82%99%e3%81%8d%e3%81%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%a8%e3%81%8a%e9%85%92%e3%82%92

お酒はいろいろと飲むべき!?

ワイン好きの方であれば、ほかのお酒もきっと好きなのではないでしょうか。毎日、必ずワインを飲んでいても、業界関係者で無い限りはワインだけを突出して飲まれることは無いでしょう。 日本酒、焼酎、ウイスキー、ブランデーなど酒類はまさに豊富です。ワイン以外はあまり好きでは無いという方もいますが、ワインを知るためには他のお酒も知っておく必要があります。それはなぜなのでしょうか。 ここでは、ワインを楽しむなら他の酒類を知っておく必要がある理由について紹介します。

日本酒との違い

まず、ワインと日本酒は全く別の飲み物であり、一生交わることは無いと思われている方は大間違いです。 まず、ワインと日本酒は醸造酒です。ワインはブドウ、日本酒は米と、単一の原料からだけ製造ができる世界でも珍しいお酒なのです。 極端な話になりますが、ワインの場合はその原料だけで放置しておいてもワインとなります。しかし、日本酒は放置しているだけでは米に糖分が無いので発酵しません。さまざまな手が加えられて初めて日本酒として出来上がるわけです。 米も大切ですが、日本酒の場合は味を決めるのは杜氏の仕事です。一方、ワインの生産者によって味わいが変わりますが、ブドウの持つポテンシャルがほぼ全ての味わいを決めます。こういった違いがあることを知ることで、日本酒とワインも違った目線で楽しめるはずなのです。

焼酎やウイスキーとワイン

ウイスキーや焼酎とワイン、これも全く関連性が無いように感じます。しかし、ワインは醸造する時に多くの場合は樽熟成がとられます。新樽100%など、ワインを購入する際にポップなどで確認したことがある方もいるでしょう。 焼酎はカメ壷が多いですが、樽熟成を取っているものも増加しています。ウイスキーなどは当然ながら樽が命ですので、ワインとの共通点は多いわけです。また、ウイスキー樽を使って造られるワインもありますし、香りのどこかが共通している可能性もあります。 また、焼酎は米麹から造られています。先に日本酒を造ってから、それを蒸留させると焼酎となります。ちなみにウイスキーはビールを蒸留させたお酒です。では、ワインはどうでしょうか。 あまり、飲まれないかもしれませんが、ワインはブランデーの原料なのです。アルマニャックやコニャックなどがそれに当たります。こういったように、ワインがだけが突出した別のお酒ではないのです。

味わいに敏感になる

他のお酒をしっかりと飲んでいることで、ワインの正確や味わいが細かく選別できるようになります。隠れて見えていなかった、自分の嗅覚の癖などがなくなることは大きなことです。 ワイン以外は受け付けないという人より、お酒が好きだから何でも詳しい、という人の方が好感度は高いですよね。ぜひ、いろいろと挑戦してください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る