ワインを飲んでアレルギー!?知っておきたいワインと健康の知識!

ワインは健康に良い飲み物といわれた1990年代後半、爆発的なワインブームが日本におとずれました。特に、赤ワインは黒ブドウの皮も一緒に醸しているためポリフェノール類が多く含まれ、健康飲料の一種として大量に市場に出回ったのです。

そのブームも一旦は落ち着きますが、ワインは体に良いというイメージが我々には残ったままです。その真実は各種研究者によって未だ解明途中だそうですが、驚きの事実が昨今注目されています。

それが、「ワインでアレルギーを発症する」ということです。ワインにアレルギーなどあるのでしょうか。ここでは、ワインとアレルギーの関係性についてを紹介します。

ワインのアレルギーとは?

ワインを飲んでアレルギーが出た症例には、さまざまなものがあります。例えば、肌が赤くなって斑点ができた、喘息を患っている状態になった、アレルギー症状が一気に訪れるアナフィラキーショックになったなど、さまざまです。

恐ろしい症例が出てきますが、恐らく個々にそのアレルギー症状が違うため、ワインの何がいけないのかが症例だけでは特定しにくい部分があります。ここでは、ワインでアレルギーとなる原因をいくつか紹介します。

亜硫酸塩

ワインの製造過程において、亜硫酸塩というのは必要不可欠なものです。硫黄化合物の一種である亜硫酸塩は、食品衛生法と酒税法で許可されているものですので、多量に摂取しなければ体に影響は無いものとされています。

しかし、この亜硫酸塩が原因でアレルギー症状を起こす可能性もあるわけです。どうしても、亜硫酸塩が受け付けない方の場合、気道炎症を起こしやすい状態にあるといえます。

この対策として、オーガニックワインを飲めば良いということがいわれますが、ヴァンナチュール、ビオワインなどこれらの類いでも、少量の亜硫酸塩の使用が認められています。要するに、亜硫酸を入れないとワインは即刻腐ります。

逆に、亜硫酸を入れないと長期熟成に耐えられない、微生物が即繁殖する、結果的に健全なワインができない、ということなのです。

とはいえ、数秒、数分空気に触れると亜硫酸は消えてしまいます。ホットワインなど、完全に煮沸した状態のワインをおすすめします。

アセトアルデヒトによる影響

ワインに限らず、二日酔いの原因は体内でアルコールからアセトアルデヒドという悪質な物質が上手に消化されないからです。ワインは、酸化がすすむと、化学変化によってアセトアルデヒドが発生します。

有害物質ですので、これがアレルギー症状を引き起こす可能性もあります。また、アルコール分解が遅い人の場合、アセトアルデヒドが上手に分解できずに体内に蓄積し、ヒスタミンに作用して発疹などの症状を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

窒素化合物によるもの

発酵途中のワインに窒素成分が不足した場合、メルカプタンや硫化水素などが発生する可能性があります。

メルカプタンはゴムた焼けたような香りを発し、硫化水素は腐った卵のような香りを生成してしまいます。こういった悪条件が重なり、アレルギー症状が発生することもあるのです。

少量、また健全なワインを飲む

もし、ワインを飲んだ瞬間にアレルギー症状が出たら医師に診断が必要です。しかし、とある一定のワインを飲んだ時に症状が出た場合、今回説明した内容を確認するとよいでしょう。

保管状態が良く、健全なワインを適量だけ飲む。暴飲や劣化したワインを飲むことも、悪影響を及ぼす原因となるので気をつけてください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る