ワインを身近に感じれる豆知識を覚えておくと便利です!

ワインを身近に感じれる豆知識を覚えておくと便利です!

ワインを身近に感じよう!

ワインを本気で楽しむには、ただ有名銘柄を飲みあされば良いということではありません。高級ワインもカジュアルなワインも、どれも無駄にせず個性や特性を活かした楽しみ方をすることが大切なのです。 そもそも、高級ワインを生産する地域の方々は普段数百円のワインを楽しんでいると言います。高級ワインにただ詳しくなるのでは無く、ワインが身近にある生活を楽しむことが大前提なのではないでしょうか。 さて、そんなわけでここではワインがある生活をより楽しむための豆知識を紹介していきます。ぜひ、今後の参考になさってみてはいかがでしょうか。

注ぎ方ひとつで変わる味わい!?

ワインを美味しく飲むにはその場の雰囲気や銘柄、合わせる料理で変わってくるでしょう。 しかし、注ぎ方にこだわると少し味わいに違いが出ることをご存知だったでしょうか。赤ワインの場合、年数をかけて熟成したり香りを開かせる必要があるものがあります。そういったワインと出会った時、ゆっくりとトボトボ注ぐと良いでしょう。 空気接触が、ワインの香りを開くキッカケとなります。 また、ワインを温めるのを防ぐ目的であまりボトルを握りしめず底部分を持ちます。大したことでは無いのですが、この手間がワインをより一層美味しくします。

料理用に使うワインってどんなの?

赤ワイン煮や白ワインソースなど、飲むだけでなく料理用にも利用されるのがワイン。しかし、高級ワインをドブドブ寸胴鍋に注ぐことは、相当のお金持ちでもできませんし、それが一番美味しいとは限りません。 であれば、非常に安い輸入果汁などを使うワインが最適なのか…。料理用に使いたいワインをざっくりと紹介すると、安価でありクセの無いものがおすすめです。 個性的過ぎるワインは料理の味わいを邪魔しますし、アルコールは飛ばすので風味漬けということもあります。 とはいえ、フランスなどの郷土料理はその土地のワインを使うので、作りたい料理の出所を知り、そこのワインを使うのもひとつの手ではあります。

飲み残しワインの保存方法

ガヤガヤ自宅でパーティーを開く時、ワインは大抵の場合は空になってしまいますが、ゆっくり何日もかけて自宅で楽しみたい方も多いでしょう。 1〜3日程度で飲み干すというペースならコルクでもOKですが、1週間となると完全に空気を密閉できるものが良いでしょう。 ワインショップなどに専用のストッパーなどが販売されているので、こういったものを利用するだけでも変わってきます。 濃厚な香りとボリュームを楽しむ赤ワインなどで無ければ、大抵は冷蔵庫で保存しても問題はありません。ぜひ、覚えておきましょう!

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る