ワインを自宅で毎日飲む習慣をつけるおすすめ方法3選

ワイン

ご自宅でワインを飲まれていますか!?

普段、自宅では無くレストランでワインを飲まれる方は多いと思います。とりわけ、日本などではまだまだ自宅での夕食時にワインを飲んだり、晩酌でワインを楽しむという文化は、外国に比べれば根付いてはいません。

それは、ビールや日本酒、焼酎、泡盛や他酒類が充実しているからであり、ワイン文化に理解が無い、という訳ではありません。

日本ワインも盛り上がりを見せていますし、これから先、どんどん自宅でワインを飲む週間が増えれば幸いです。

さて、上記のように他の酒類が好き、という方はともかく、ワインを自宅で楽しんではみたいけれど、どのワインが良いのか良く分からない、という方も事実いらっしゃいます。ここでは、日常的にワインを自宅で楽しむために覚えておきたいことを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

 

1000円前後のワインで満足できる!

ワインというと、高額であるので毎日飲むものでは無い、というイメージがあるでしょう。レストランやカジュアルなフレンチ、イタリアン、パーティーシーンで飲まれことが多いだけに「ハレの日の飲み物」と思われているからです。

しかし、本来ワインはどのお酒よりも日常的に飲まれているお酒ですので、高級ワインばかり飲む必要はありません。

あの、世界的にも素晴らしいワインを産出しているボルドー地区の醸造家たちですが、日常的に飲んでいるワインは300円程度と言われています。本場はワインづくりが盛んですし、ほどほどに良い品質のワインもびっくりする価格で販売されています。

あの、シャトーマルゴーの方々が、毎日15万円のワインを飲んでいるでしょうか?日常的にワインを飲み、心からワインが好きだからこそ、最高の品を作れるのです。

フランス、イタリア、ドイツ、スペインをはじめ、ニューワールドのワインは1000円前後で手に入るものが多くあります。値段に惑わされず、デイリーに楽しめるワインを探すことを心掛けましょう。

 

食事とワインの組み合わせを楽しんでしまう

ワイン産地などがある場所では、毎日ワインを楽しんでいます。ワインは、食事と合わせることが大切なお酒であるが故に、食中酒として絶大な支持を得ています。しかし、日本はワインとは難しいとされる和食中心の食事です。

そのため、どうしてもワインはレストランのような食事、というパターンになります。しかし、例えば天ぷらやカツフライ、肉野菜炒めなど、こういったおかずにはとても相性が良いのです。

さまざまなジャンルの食事を食べることができる日本だからこそ、食事に合わせてワインを合わせればよいのです。

和食には合わないから、買っても飲まないだろう、ではなく、合わせてみると、案外さまざまな出会いがあるはずです。合わないと思ったら、無理に合わせる必要は一切ありません。気軽に楽しめば良いのです。

 

ワインの値段を使い分けてみる

ワインは、一般的にph数が2.9~3.6と非常に低い値となっています。そのため、保存がある程度効くお酒です。家でワインを飲まない理由としては、購入して直ぐに1本開けてしまわなければならない、という懸念があるようです。

しかし、ワインは1日に1杯、2杯程度でも十分に楽しめます。しっかりと保存すれば、1週間以上は栓を抜いても大きな劣化が無く楽しめます。また、がぶがぶ飲みたい、という方も多いようですが、比較的安価なワインでも高品質なものもあります。結局、ビール缶を数本飲むより安い計算となります。

お酒を飲み出すと、ちょっと止まらないから不安という方は、1本、良いワインを購入して1週間かけてじっくり味わい、カジュルなワインを日常的に飲めば良いのです。本当にワインが好きでたまらないけど、飲んでしまうから泣く泣く購入しない、というのでは勿体ないですよね。

日常的にワインを楽しめれば、きっとよりワインについて知りたくなるはずです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る