ワインを美味しく飲むための適温とは?基本の保存温度管理を知ろう

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインの味わいを決める要素としてよくいわれているのが、温度です。ワインという飲み物はとても繊細であることからも、保存の仕方によって味わいが大きく変わってしまうともいわれています。

さて、そんなワインを保存する温度なのですが、みなさんはどれだけ理解しているでしょうか。赤ワインは常温、白ワインは冷蔵庫という、何となく漠然とした感じで覚えられているかもしれません。

それに、個人のブログなどでは裏技も紹介されていますが、これらはその人の好みの温度であり、一般的な温度ではない、いわば応用です。

ここでは、まずはワインを保存するための基本となる温度をしっかりと理解しましょう。それから、自分の好みの温度を探していきましょう。

赤ワインは?

まず、赤ワインの保存温度を見ていきましょう。常温というのは、ヨーロッパの気温の平均気温ですので18度前後といわれています。日本の場合、冬でも無い限り常温はかなり危険ですので注意です。

夏場など、室内では30度を軽く超えてしまっている状況です。温度が上がりすぎるとワインが還元作用を起こしてしまい、味わいに変化が訪れてしまいます。また、注意したいのが冷蔵庫での冷やし方です。

赤ワインを冷やして飲むのはヨーロッパでは一般的ですが、これは軽くタンニンの少なめの赤ワインがおすすめです。

ミディアムボディ、フルボディの赤ワインの場合、冷やすとまろやかさが減り、酸度、収斂性が増すために本来の美味しさを楽しめません。もし、飲まれるのであれば、飲む1時間前などに冷蔵庫で保管すると良いでしょう。

白ワインとスパークリング

白ワイン、スパークリングワインは冷蔵庫で…というのは、通説です。確かに、白ワインは常温よりも冷蔵庫がおすすめです。ただし、冷蔵庫は極度の乾燥状態にありますし、そこまで温度も高くありません。

非常に若い早飲み白ワイン、コルクではなくスクリューキャップであれば良いですが、コルクの場合は乾燥が進むと僅かな隙間ができてしまい、そこから酸化がスタートします。

できることであれば、専用のセラーや寝かせて野菜室が良いですね。スパークリングワインは、冷やすと美味しいですが、そこまで温度が下がらないため、飲む数十分前には氷水をバケツにいれて冷やすことをおすすめします。

また、樽熟成をかけている高級白ワインの場合は、あまり温度を下げすぎると、まろやかさが損なわれますので注意してください。

その土地の平均気温に合わせる!?

さて、ここまで基本の温度管理方法をお伝えしてきましたが、実は一説によるとこんなことがいわれています。それが、産地の平均気温に合わせるというものです。ボルドー、ブルゴーニュなど、案外平均気温は13度程度。その温度で保温しておくと、より本場の味わいが楽しめるというものです。

温度管理に手を抜かず保存しよう!

もし、その日に直ぐに飲んでしまうのであれば、ワインショップで購入して直ぐに自宅で開けてしまえば良いでしょう。

しかし、比較的高級ワインを手に入れたら、手を抜かずしっかりと温度管理を行い、最高の状態でワインを楽しみたいところです。ぜひ、これかはワインを管理する温度にもしっかりと気を配り、楽しく美味しいワイン通をめざしてみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る