ワインを美味しく飲むための乾杯の極意とマナーとは

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワイン好きの方であれば、自分でワインを振る舞うようなホームパーティーを開くこともあるのではないでしょうか。さらに、レストランで良いワインを一本頼み、そのワインで素晴らしい夜を過ごすという方もいるでしょう。

しかし、ここで注意しなければならないポイントがあります。ワインを楽しく乾杯するためには、それなりにマナーがあることをご存知でしょうか。

気兼ねなく、楽しく飲める仲間たちであれば良いですが、時には目上の方やワインマナーに詳しい方と飲まれることもあるかもしれません。ぜひ、ここでワインの乾杯時に気をつけたい事柄をいくつかチェックしておきましょう。

グラスの扱い方

さて、ワインのさまざまなマナーについては後述するとして、先にグラスの扱い方を見て行きましょう。

ワインの場合、多くがグラスに注がれると思います。しかし、ワイングラスの殆どは薄く、落とせば簡単に割れてしまうようなものばかりです。つまり、乾杯の時に強くグラスをぶつけすぎることで、簡単に割れてしまう可能性があるのです。ビールジョッキをぶつけあうような感覚ではなく、口部分を傾けて触れる程度の乾杯がおしゃれです。

また、ワインを注がれる時にグラスはそのままにしておくのがポイントです。手を添えるのが日本式ですが、ワインの場合はまったく別です。ワインは大体、4分の一程度が注がれるために、斜めにしていると入っている分量が分かりません。

さらに、グラスを手に持っている場合だとワインの温度を高めてしまい、ワイン本来の味わいが変わってしまう可能性があるのです。ということは、飲む時も本当は脚部分を持つのがベター。ただし、気のおけない仲間たちとであれば、ボウル部分でもOKです。

服装やグラスの回し方

ワインで楽しく乾杯する時、服装もちょっぴりおしゃれにしていきたい方がいるようです。実は、ワインを飲まれる時は白は避けるべきといわれています。もし、赤ワインが飛んでしまったらなかなか取れませんし、見た目も良くないからです。

また、香りを取るためにグラスを回すのですが、あれもグワングワン回してしまうと、必ず液体が飛び散って行きます。まずは、そのままで嗅ぎ、少し回して嗅ぐ程度で大丈夫です。

ワインの頼み方

どんなに良いワインであっても、価格が驚くほど高い場合、気持ちよく乾杯をすることはなかなかできません。

レストランなどでワインを頼む時、おすすめなのは、その日のコースの予算に合わせたワインを頼むということです。5,000円のコースであれば、5,000円のワイン。1万円のコースであれば、1万円のワインと言う感じで選ぶとスマートです。

また、銘柄を伝えられない、値段が安いやつなど、同席者にかっこうわるいところを見せたく無い方は、メニューを指差してみても良いでしょう。ソムリエも分かっているので、アイコンタクトで結構です。

生産者に感謝しながら飲む!

ワインで楽しく乾杯するためのマナーは、いちいち面倒なものが多いと思われています。たしかに、正式な場ではそういったこともあるでしょう。しかしながら、最低限のマナーさえ払えば何も難しいことはありません。

さらに、生産者に感謝の気持ちを感じながら飲めば、誰だって雑にワインを扱うなんてことはないでしょう。ぜひ、気持ちよく美味しいワインで乾杯をしたいものですね。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ