ワインを美味しくするチーズ

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインと合わせやすい食材といえば、定番のチーズです。日本でも手軽に世界中のチーズが手に入るようになっており、その時々の気分や料理、揃えたワインに合わせて選ぶことができる楽しさがあります。

そんなワインとチーズの関係性ですが、チーズであればどんなワインでもマリアージュするとは限りません。今回、ワインに合うチーズを紹介していきます。

プロセスチーズ

チーズには、大きく分けて2種類があります。純粋にチーズだけの味わいを楽しむナチュラルチーズと、乳化剤などを入れて保存性を高め、さらに食べやすくしたものがプロセスチーズです。

プロセスチーズの場合、さまざまな味付けがあるものが多いですが、合わせるワインは濃厚な赤ワインよりも軽快な白ワインの方が合います。

プロセスチーズの特徴は、クセが無く食べやすいフレッシュな味わいです。フレーバーなどがつけられたものも販売されていますが、後味もスッキリしていますので、爽快感のある白ワインがおすすめとなります。

フレッシュチーズ

フレッシュチーズは、イタリアのモッツァレラのような、生タイプのチーズです。これらは、そのまま食べてもタンパクな味わいですので、あまり味わいがありません。オリーブオイルや野菜、さらにはハムなどと一緒に食べられています。あっさりした味わいであるために、こちらも濃厚なワインというよりは、軽快な白ワインやロゼワインが合うチーズです。辛口タイプのロゼワインが合いやすいです。

カビチーズ

青カビのゴルゴンゾーラや白カビのブリーなどは、チーズのなかでも取り分け人気の高い種類です。特有の香りとねっとりとした濃厚さがウリですので、ワインはややミディアムボディのものを選ぶと良いでしょう。

メルローなどの丸みのある赤ワインを選ぶと合いやすいです。また、樽を利かせたアロマティックなシャルドネの白ワインは、特に合うチーズです。ややナッツの香りを持つシャルドネですので、チーズのまろやかさに味わいをプラスして、美味しさを広げてくれます。

濃厚な熟成チーズ

リバロなど、かなり強烈な香りを放つチーズには濃厚な赤ワインが良いでしょう。ウォッシュチーズは、地元の酒をかけながら熟成されているので、熟成が進んでいる赤ワインがおすすめです。タンニンは強過ぎず、まろやかさが大切ですので、アルゼンチンのマルベックやボルドー右岸のメルロー主体のフルボディの赤ワインが良いでしょう。

ハードタイプ

パルミヤーのレッジャーノやゴーダチーズ、ミモレットのようなハードタイプのチーズは水分量が無いために、やや軽めから中タイプのワインに合うチーズです。

ただし、フレッシュな香りを持ちながらも、熟成は経ているために長くエレガントな余韻を楽しめるチーズです。

口のなかでサラッとなるために、甘めのワインもおすすめです。トロンテスやヴィオニエ、マルサンヌなどの品種を使った白ワインも良いでしょう。また、中甘口のドイツワインであったり、イタリアのランブルスコといった甘口赤ワインも良いです。

濃厚さに合わせる

ワインと合うチーズを探す時には、まず香りはもちろんのこと、チーズとワインの濃厚さを合わせると失敗しにくいです。共通点を探すことが、ワインとチーズを合わせるコツです。もし、分からなかった場合はスタッフの方に相談しながら味わいを教えてもらい、チーズも選んでいくと良いでしょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る