ワインを知りたければ飲食店で学ぶな!自宅でワインのススメ!

ワインに詳しくなりたい!

ワインを知りたいけれど、お金がかかるから嫌だ。こんな声は良く聞きます。もちろん、ワイン自体は高いものもあれば安いものもあります。 しかし、安価なワインにはそれなりの理由がありますし、そればかりを飲んでいても分からないこともあるでしょう。 とはいえ、高級ワインばかりを飲んでいたら破産します。どうすればワインが楽しく沢山飲めるのか、ここではそのうちのひとつのごくシンプルな方法を伝授します。ぜひ、参考にしてみてください。

ワインは家で飲む

まず、ワインを知るためには自宅で飲むことをおすすめします。その理由は、ワインは店鋪で飲むと数倍以上の価格があります。ワインリストを見て、ボトルが18000円だった場合、とても手が届かない神への捧げものだろうと考えます。 中には、10万円を超えるものもあるほどです。しかし、これは普通に問屋を通して購入すれば、半値以下で手に入れられます。 グラス1杯1000円のものもあり、これらを5杯飲めば5000円。料理も食べるでしょうし、ちょっとだけワインを飲みに行くつもりで10000円を有に超えます。10000円を手にしてワインを買いに行けば、相当なレベルのものがいくらでも変えます。 外で飲むなということではなく、かなり貴重で手に入らないものか、ただ勉強抜きで楽しみたい時に外で飲んでください。勉強のために外で飲むことはおすすめしません。

自宅で吟味しながら飲むこと

また、自宅でワインを安く手に入れることのメリットは、ちゃんと味わいを評価できることです。外出して、ワインを難しい顔であれやこれや考えて飲むことは、お勉強会なら良いですがお店の人やお客さまにしたら迷惑です。 また、薄暗い、料理で舌が麻痺している、ワイン4杯目など、いろいろな条件が重なります。当然、味わいは美味しかった、好みでは無いとかその程度しか判別できていません。 家で1本、ないし2本を飲み比べしたり白い布や壁に当てて色を観察したりするだけで、恐らくその品種の個性は確実に分かります。お店で訳の分からない銘柄のワインを、周囲の香りや賑やかしい中で選別したら、100本飲んでも忘れることでしょう。 品種の味わいなどを分かるようになれば、そこまで無意味に飲み続ける必要はありません。その時々の気分で好きな味わいを想像しながら選べば良いのです。無駄買いする人は、ワインは飲んでれば覚えると勘違いしていますね。

割引を狙え

ワインショップでワインを買う時、ラベル不良だからということで、半値になるものもあります。飲食店に卸せば、グラスで出されたら分かりません。 だからこそ、損なのです。自分の足で買いに行き、自分の家で味わってみる。ワインは大量に飲んでいればきっとマスターできるのではなく、1本だけでもしっかりと味わって分かるようになれば良いのです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る