ワインを楽しむために ホストテイスティングの仕方

ワインのホストテイスティング

ワインには様々な楽しみ方があります。

味わいを楽しむことはもちろんのこと、目で色を見て、鼻で香りを確かめる。

そんな五感の様々な部分を使ってよりワインが楽しめるように、

今回はワインの楽しみ方、ホストテイスティングのご紹介です。

<ホストテイスティング>

お店でワインが運ばれてきたら、または家でお客さんなどに振舞う際、まず行いたいのが

このホストテイスティングです。

ホストテイスティングとはワインがちゃんと表示されている銘柄なのか、そして

色や香りや味わいから総合的に見て健康的なワインなのかどうか、ということを確かめる行為です。

一緒にワインを飲む人への配慮として、またホストテイスティング自体を一緒に楽しむために、

これからの時間を楽しむためにまずは行ってみてはいかがかと思います。

ここからはホストテイスティングの手順を簡単にご紹介していきます。

1.まずは瓶のラベルのチェックから行っていきます。銘柄がしっかり自分が頼んだものか、自分の思っているものなのかを確かめましょう。

2.次にグラスにワインを注ぎましょう。お店ならワインを注いでくれると思いますが、ワインを注いだらグラスの脚の部分(ステム)、または台の部分(ベース)の部分を持ち、色を確認していきましょう。第一の目的はワインの劣化の確認です。テーブルクロスが白、背景が白の部分が背景に回るように工夫しながら色をはっきり確かめられるようにしましょう。またその銘柄によって色には様々な違いが出てくるでしょうからこれから勉強する意味でもしっかり確認して。

3.色の確認を終えたら香りの確認に移りましょう。まずは注いだときのままの香りをかいでみてください。そしてグラスのステムを持ちながら数回ほど回してもう一度かいでいきます。空気に触れていないときと触れた後では香りがまるで違います。

4.最後に味の確認です。ワインを口に含んだらゆっくりと舌の上で転がすようにし、その後飲み込みます。この際にワインに異常が感じられればソムリエを呼んだり自主規制したほうがよいでしょう。

ホストテイスティングはワインの味がおいしいのかはたまたおいしくないのかを確かめるのではなく、

あくまでワインに異常がないか、健康的な状態のワインなのか、そして楽しむために行うものです。

おいしいと感じたりまずいと感じるのは正直な話、自分の好みがかなり影響してきますし、

「このワイン、私には合わないから変えてよ」なんて考えは初心者やクレーマーさんだと思われますので

皆さんも注意ですよ!!

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る