ワインを冷やす理由とその方法

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインがお好きな方であれば、ワインを楽しまれる温度に関してもこだわりを持っているはずです。ワインはとても繊細なお酒である上に、香り、味わいが複雑玄妙極まりないお酒であるため、管理や提供温度によっても味わいの違いを大きく感じることができます。

とはいえ、日常使いするようなカジュアルなワインは冷やして飲むと良いといわれています。今回、ここではワインを冷やすということについてを紹介していきます。

ワインの適温

ワインを冷やすということですが、ただ単に冷やすというのではよくわかりません。そこで、まずはワインにおいての適温といわれている温度をおさらいしておきます。ボディの強い赤ワインの場合は15度程度が良いでしょう。長く熟成をされた高級赤ワインの場合は20度でも良いといわれています。

軽い赤ワインや樽を利かしたまろやかな白ワインの場合は15度よりも下、12度前後が良いといわれています。フルーティーでフレッシュな白ワインの場合は、7度くらいで甘口ワインやシャンパーニュなどは3度程度が良いといわれています。

もちろん、人の味覚にはさまざまな好みがありますので、この温度を基本とすると美味しく飲めるという指針的な感じで理解しておくとよいです。

ワインを冷やす効果

ワインを常温にしたり冷やしたりと、さまざまな飲み方があるわけですが、なぜ冷やすことに意味があるのでしょうか。もちろん、冷やしたことにより飲みやすくなったり、何となくスッキリと爽快な気分が味わえるという人間の心理的な部分もあるでしょう。

まず、ワインを冷やすと酸度と渋みを感じられるようになります。重ための赤ワインを常温で飲む理由はこんなところにあります。赤ワインの場合、冷やすとタンニンや酸味が際立ってしまい、本来の目指す味わいと逆行した飲み方になります。

一方、白ワインの場合はフレッシュで酸度がキリっとしたものが好まれる傾向にあります。こういった背景を考えれば、なぜワインを冷やすべきなのかが分かるでしょう。ただし、例外としては樽を利かしたシャルドネはまろやかさを求めて造られています。

さらに、豊潤な香りもポイントです。ワインを冷やすことで香りもとりにくくなるので、白ワインでも複雑性がウリのワインの冷やしすぎると、美味しさを最大限楽しめないのです。

ワインの冷やし方

ワインを冷やすためには、さまざまな方法があります。定番は冷蔵庫ですが、コルクの場合はコルクが乾燥で収縮して酸素が入りやすい状況となります。そのため、飲む数時間前に冷やすということであれば冷蔵庫でも良いでしょう。また、一定の温度に保つ場合であれば、ワインセラーが最もおすすめです。

温度にブレもなく、ほかの食材などの香りも入らないので美味しさが持続します。スパークリングワインやフレッシュな白ワインの場合、ワインクーラーや桶、小さなバケツ、ボウルなどに氷水を入れておき、そこで冷やすという手段もあります。

温度を徐々に下げてくれる効果だけでなく、冷えたままの状態を保ことができるので便利です。また、ワインボトルに巻いておくようなグッズなども出回っているので、さまざまな方法でワインを冷やすとよいでしょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ