ワインをきれいに開栓してみよう!

開栓

ワインの開け方を覚えておこう!

お気に入りのワインをついに購入してご自宅でその味を楽しむ。至福のひとときですよね。

しかしながら、ワインは一般的にコルクが口部分に深く入っているので、オープーナーなどを使って開栓しなければなりません。

現在、クルクルっと回すだけで取れるようなキャップ式のワインもありますが、やはり中級から高級といったワインとなると、コルクが一般的となっています。

ワインは購入できたけど、案外オープーナーが無かったり、開け方を正しく知らないために、欠けたコルクがワインの中に入ってしまったりと、さまざまなミスが起こることも考えられます。

ここでは、簡単ではありますが、ワインのさまざまな開栓の仕方を紹介します。ぜひ、参考になさってみてください。

ダブルアクションを利用した開栓

ダブルアクション型のオープナーを手に入れた、という方はこの手順でワインのコルクを抜いていきましょう。

まず、カッターでキャップシールを外します。多くの場合、カッターシールという専用のカッターで空けるのですが、鋭利なハサミでも空けることができます。

とはいえ、安全を第一に考えたいので専用のカッターシールを利用した方が良いのではないでしょうか。さて、次に瓶口を乾いたナプキンでしっかりと拭いていきます。

次にオープナーを瓶を挟むように固定して、スクリューをコルクの中心部分に当てていきます。先端が刺さったら、ハンドルをゆっくりと回していきます。

ここであまり力を入れすぎるとコルクが破損する可能性があるので要注意です。ダブルアクションであれば、ゆっくりと回し続けることでコルクが自然と抜けますので心配は要りません。最後に瓶口を拭いて終了となります。

ソムリエナイフを利用した開け方

ダブルスクリュー型が一般的であり、比較的安易なのでそちらをおすすめしますが、もちろんソムリエナイフでの開栓も可能です。ソムリエナイフの場合は、カッターが付属していたり、テコの力でコルクを抜くことができるので、馴れてくるとこちらの方が簡単に感じるかもしれません。では、手順を見ていきます。

先ず、右手の親指で瓶口を押さえ、人差し指でナイフを押さえて切り込みを入れます。そして、親指で瓶口の先端を押さえたまま、ナイフを半周させてシールを取ります。瓶口は拭いておきましょう。

そして、スクリューを出しコルクの中心に刺さるようにします。ある程度スクリューがコルクの中に入っていったら、左手で瓶口とナイフを押さえて、テコの原理で開けていきます。

そして、人差し指と親指でコルクを掴んで、倒していきながら静香に抜いていきます。これで、きれいにコルクを抜くことができるので、後は瓶口をキレイに拭いてワインを楽しんでください。

スパークリングワイン

スパークリングワインを購入した時、蓋が飛んで中身も飛び出て怖い思いをした、という方も少なくは無いと思います。

そこで、特別にスパークリングワインの開け方もお教えしましょう。まず、冷えたスパークリングワインはしばらしく安静にしておきます。

そしてカバーシールを取外します。栓が飛び出さないように右手の親指でしっかりと押さえ、左手で巻き付けてある針金を緩めていきます。そして、右手で栓をしっかりと押さえて、左手でびんの下をもって瓶をゆっくりと回します。

そして、瓶が自然に持ち上がってくるので瓶を傾けてガスを逃がして、栓を抜けばOKです。スパークリングワインは、無理矢理ではなくゆっくりと焦らずがポイントとなります。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る