ワインは辛口だけじゃない!甘口ワインの造られ方と代表ワイン!

辛口と甘口ワインの違い

ただ、お店で銘柄の分からないワインを飲んでいるだけだとそれほど気になりませんが、自分で調べてさまざまなワインを購入しようとすると、辛口とか甘口という部類などにワインが分かれていることに気付きます。 実は、普段我々が飲んでいる普通のスティルワインは辛口と呼ばれる部類であり、甘口ワインとは別の種類のワインです。 甘口ワインと聞いてもピンと来ない方のために、ここでは甘口ワインの種類などを紹介しましょう。甘口、辛口を使い分けることができれば、あなたも本物のワイン通です。

甘口ワインの造られ方

甘口ワインというだけであって、多くの場合は糖度がとても高い状態のブドウが使われてます。 ワインの造られ方の中にシャプタリザシオンという技法がありますが、これは捕糖といってアルコール度数を高めるための方法があります。要するに、糖度が高いブドウの場合はアルコール度数が上がるわけです。 しかし、糖度が高いと酵母菌は自分自身で造るアルコールで溺れて発酵をそれ以上出来なく無くなります。 そうなると、当然ですがブドウの糖分が残ったままでワイン造りが続けられます。これが、基本的な甘口ワインの造られ方の基礎と覚えておきましょう。

甘口ワインの代表

さて、甘口ワインの代表的なものに貴腐ワインがあります。貴腐ぶどうという糖度がとても高いブドウを使うために、先述したように直ぐにアルコール発酵が終わり糖分のたっぷり残ったワインが生まれます。 また、あまりにも寒い地域の場合はブドウが凍ってしまい、上手くいくと糖度だけがグンと高いぶどうを収穫することができます。 同様の手法で造られるワインがアイスワインと呼ばれ、これも甘口ワインの代表です。また、藁の上で陰干しすることで糖度を高めるパッシートと呼ばれる手法などもあり、甘口ワインは世界中で造られているのです。

フォーティファイドワインも甘口ワイン

マディラ、ポート、VDNなどさまざまなワインの種類がありますが、これらも甘口ワインの一種です。これらのワインの場合、使われるブドウの糖度は一般的なのですが、発酵途中や発酵前にリキュールなどを添加してしまいます。 当然ですが、アルコール発酵は途中で止まってしまうためブドウの持つ糖分がそのまま残るわけです。 こういったワインの場合はアルコール添加をしているため、造られるワインのアルコール度数は20度近くまで上昇します。アルコール度数が高くなれば保存も効きますし、ゆっくりと飲むことができます。食後酒、食前酒などに使いやすい機能的なワインとなるのです。

まとめ

甘口ワインと触れ合う機会が少ないかもしれませんが、比較的カジュアルな価格で販売されているものもあります。生活を豊かにしてくれる、幸せなお酒ですのでぜひ揃えておいてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る