ワインは美容に効果的

ワインと美容

お酒が好きな方は多いはずです。

しかし、ついついカロリーや健康に対して悪いと考える人が多いのではないでしょうか?

ワインは、飲み方さえ注意すれば安心して楽しむことができます。

1. 「ワインのカロリー」と「太らない飲み方」について

「ワインのカロリー」は、精度によって異なりますが白・赤・ロゼいずれも100mlあたり

70Kcal〜80Kcalです。

ご飯を茶碗に軽く半分食べるくらいのカロリーですが、

体内に吸収・蓄積される栄養素は40%以内と少ないです。

適量であれば、ワイン自体で太る心配はありません。

「太らない飲み方」は、ワインと油っぽい料理を一緒に食べることを控えることです。

ワインは、胃の働きを活発にしてしまうため、食欲が湧いてしまいます。

これにより、食べ過ぎてしまうことが考えられます。

また、赤ワインには多くのポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは、脂肪分を分解する働きがあります。

また、ミネラルやビタミンAも含まれており新陳代謝を促します。

白ワインには、高い抗菌作用があります。

2. チーズとワインのマリアージュ

ワインとチーズの愛想湯の良さはよく知られています。

この組み合わせは、「チーズとワインのマリアージュ」と呼ばれています。

フランスで知られているチーズとワインのマリアージュ4原則は、

1、「相性のよいものが多いため、チーズとワインの産地を揃える。または、より近い産地のものを選ぶ」。

2、「チーズには、赤ワインが最も合わせやすい」。

3、「繊細な香りを持つワインには、そのブーケを損なわない癖のないチーズを選ぶ」。

4、「塩味の強いチーズには、酸味のあるワインを、脂肪分の多いチーズには渋みのあるワインを選ぶ」。

これらがチーズとワインのマリアージュ4原則になります。

3. チーズと相性の良いワイン

ワインの銘柄は覚えられなくても相性さえ知っていれば購入する際に役立ちます。

そこで、チーズのタイプ別で相性のよいワインを見てみます。

「フレッシュタイプ(熟成させないチーズ)」

・プレーンチーズは、酸味のある辛口の白、軽やかでフルーティなロゼ。

・スパイスの入ったチーズには、フルーティで軽い赤、辛口の白。

・酸味のあるチーズは、辛口で味わいのある白。

「白カビタイプ(表面が白いカビに覆われているチーズ)」

・若い熟成や脂肪分の高いチーズは、軽い赤、辛口で軽い白。

・中年度の熟成のチーズには、フルーティな赤。

・熟成が進み、風味が強いチーズには、風味の強いコクのある赤。

いかがでしたか?

ワインの太らない飲み方や相性の良いチーズを学ぶことで、

より一層、美味しいワインを堪能できるはずです。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る