ワインは温度管理だけじゃない!?美味しく飲む条件がまだまだあった!

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%af%e6%b8%a9%e5%ba%a6%e7%ae%a1%e7%90%86%e3%81%9f%e3%82%99%e3%81%91%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%ef%bc%9f%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%81%8f

ワインを美味しく飲むに必要な条件?

ワインを美味しく飲むための方法として、さまざまな場所で議論されるのが、温度や湿度、ワイングラスの種類などです。ワインは非常に繊細な飲み物であるが故に、その保存方法や飲み頃などを考えないと大変なのです。 しかし、本当にワインだけに気を使うことが美味しいワインを飲む方法なのでしょうか。ここでは、ワインを本当に美味しく飲むための方法をいくつか紹介します。ぜひ、参考になさってみてください。

ワインを楽しめる人と飲むこと

ワインを美味しく飲むための方法として、まず誰と飲むかを大切に考えなければなりません。1本3万円以上するワインを、ワインを全く飲まない方やうんちくばかりで文句ばかりを言う方と飲むのはいけません。 もちろん、仕事上の都合などがあれば別ですが、自ら選択できるのであればそういった方とのワインは避けるべきが基本です。 それだったら、普段ワインをよく飲んでいる気の置けない仲間と1本500円のチリワインを飲んだ方が、数百倍美味しいのは言うまでもありません。

ワインを飲むシーンを考えよう!

また、どんなに保存方法が完璧なワインを扱う店鋪だとしても、雰囲気というものがあるので注意してください。会社の飲み会などでワインをあまり楽しまれない方が周りにいる、難しいビジネスの話をしている最中にワインを独りで飲んでいる…。 これでは、せっかく品質の高いワインも台無しです。人のことなど気にせず、自分が飲みたければ自由に飲めば良いのでは?と、思われがちですが、本当にワインを楽しむであればそのシーンに相応しいお酒をチョイスすべきです。 逆に、ワインを愛している人たちやそういったレストランに行った時は、躊躇なくどんどんワインを楽しみましょう。ワインは、その場の雰囲気を楽しませてくれる飲み物ですが、逆にその場をしらけさす可能性もあります。TPOを使い分けすることも、とても大切なことなのです。

料理から楽しむこと

ワインを楽しむ時に一番悩まなければならないことがあります。それが、どんな料理と合わせるべきかということです。ワインは食中酒として生まれたお酒です。 今となれば、どれだけワイン単体の味わいが良いのかを競うような流れですが、やはり料理と合わせることが最大の目的です。良く相性が良いと言われているのが、カボチャとチーズを使った料理と2年以上は熟成させている白ワイン。 互いの良さを十分に引き出してくれる味わいですので、これこそマリアージュの真骨頂と舌鼓をうちたくなります。これは、ワインの格などはそこまで気にすることはありません。とにかく、この料理ならこのワインが最高に合うはず…という、そういったワインの選び方をすることも大切なのです。 ワインを美味しく飲むためには、温度管理なども大切です。しかし、これらのこともしっかりと頭に入れておけば、より美味しく楽しくワインが飲めるのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る