ワインは冷やせば美味しいの?ワインと温度の関係性

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

美味しいワインを振る舞おう。こういった気構えで友人を自宅に呼びつけ、パーティーを開催するような方もいるでしょう。ワインを美味しく飲むためには、その温度にも注意しなければなりません。

しかし、実は赤ワインは常温、白ワインは冷やしてというような、通説はもう古いようです。冷やした飲んだ方が良いワイン、常温でも美味しいワイン、その使い分け方法を知るだけで、ぐっとワインの新しい世界が広がります。今回、ここでは冷やして飲んでも美味しいワインを紹介しましょう。

ワインの温度管理の常識

まず、ワインの温度管理の常識的な部分についてを見ていきましょう。赤ワインは常温といわれていますが、大体15〜20℃が目安といわれています。カベルネソーヴィニヨンやシラー、ネッビオーロなどの重厚感があり、タンニン量が多いワインの場合はやや高めの温度での保存がおすすめです。

一方、ピノノワールやメルロなどの品種の場合は比較的14℃程度でも良い結果を導き出します。では、白ワインはどうでしょうか。

冷やすという定説がありますが、それは早飲みのソーヴィニヨンブランなどに、当てはまると思ってください。フレッシュ感を重視するようなワインは、冷やして飲むことをおすすめしています。一方、樽を利かせたシャルドネなどは、濃厚さもポイントですので12〜16℃程度が良いといわれています。

温度による味の違いを利用

赤ワインは常温、白ワインは冷やす。なぜ、そんな言われになったのかというと、冷やすと酸度増し香りがシャープになるからです。

ワインの液体の温度が上がることにより、まろやかさが増し、ブドウ由来の香りだけでなく、発酵、樽の香りが出てきます。また、逆をいうと赤ワインを冷やすことでタンニンが強調されてしまい、渋みが増してくるために、赤ワインは常温といわれるようになったのです。

品種によって冷やせる

しかし、赤ワインといっても、世界中には本当にさまざまな種類の品種が揃っています。先ほど紹介した、カベルネソーヴィニヨン、ネッビオーロ、シラーなどは重厚感のある、長期熟成タイプのワインを造ります。それは、タンニンは渋みが強いからです。

一方、ガメイやマスカットベーリーA、果実味の多いピノタージュなどは、タンニンは穏やかで軽快な味わいのワインを造ります。つまり、タンニンが弱ければ冷やしてしまっても、ウィークポイントが突出せず、これら品種のウリである、果実味が楽しめるのです。

そのため、夏場では赤ワインを冷やして飲むどころか、氷を入れて飲んでもOKとすらいわれています。

ちなみに、ロゼワインや甘口ワインは冷やして飲む方が、甘さがバランス良くなるのでおすすめです。ただし、通常の白ワインも冷やしすぎると、シャープなだけで味わいが無くなるので、低くても6℃くらいまでにしておくことをおすすめします。

温度管理は試して知ろう!

ワインの味わいを楽しまれたい方は、やはり温度にもこだわった方が絶対に良いでしょう。また、冷たい飲み物が大好きな日本人は冷えた白ワインが大好きです。

ただ、赤ワインもものによっては冷やして飲んだ方が美味しかったりするので、さまざま挑戦してみてください。頭でっかちにならず、自分だけの美味しい飲み方を模索することも、ワインライフを楽しむ方法です。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る