ワインは価格の違いで味が変わるのか!?徹底解説をします!

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%af%e4%be%a1%e6%a0%bc%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a6%e3%82%99%e5%91%b3%e3%81%8b%e3%82%99%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f%e5%be%b9

ワインの価格と味って何?

ワインが好きであれば、当たり前ですが個人的に自宅で飲まれていると思います。レストランなどでボトルで頼む方もいるでしょうが、レストンの場合は小売り価格の3〜4倍の価格となるのであまり適正価格とは言えません。 しかし、家で楽しまれる場合はちゃんとした小売り価格で購入できます。ワインを知るためには、しっかりと適正価格でワインを何本も飲んでおくべきですね。さて、そんなワインなのですが価格によって味わいが変わるのでしょうか。 1000円のワインは2000円のワインより不味いのか、4000円のワインより2万円のワインの方が5倍美味しいのか。ここでは、ワインの味わいと価格の関係性についてを解説します。必ず役に立つので覚えておきましょう。

1000円レベルのワイン

こちらのワインは比較的タンニンが控えめで、爽やかなものが多いです。しかし、ボルドー系であれば渋みもしっかり乗って美味しく飲めるのでおすすめです。 ただ、ブルゴーニュなどのピノノワール系の場合は若いワインがこの価格帯にいます。つまり、やや酸味が強く酸っぱいだけという印象を持つワインもあります。 日常ていに飲めるレベルですので、お気に入りを見つけてリピートするのが良さそうです。

1000円以上、3000円未満

ビストロなどでワインを頼まれる方は、この価格帯をよく飲んでいると思ってください。3000円前後のワインは品質も高く、造り手が丹精込めて造った良質なものが多いです。 ある意味、3000円のワインなのにブランド価値がついたから数万円になってしまうものもあります。逆にいうと、3000円という価格帯は掘り出し物を探せるレベルの可能性もあります。ぜひ、ここは常にチェックしておきましょう。

10000円前後

3000円を超え、10000円程度になっていったらどうでしょうか。こちらは、生産数も少なかったり、ある程度のヴィンテージ、良い収穫年のブドウを使ったものとなっています。 高級レストランで10000万円を超えるレベルはこの辺りが多いと思ってください。まさに、お祝いごとの時や贈り物には最適なラインと言えます。味わいは、美味しいというよりは、やはり贈り物です。

高級ワインという部類

ギターのことを考えると分かりますが、ギターは10万円を超えるともう趣味の範疇です。あまり、音はそこまで変わらないと言います。 ワインも似たようなところがあり、1万円を超えるとそこまで味わいに劇的な変化は訪れません。長期熟成のタイプに多いですが、当然飲み頃で飲まないと不快に感じます。このレベルは、もうソムリエと相談して手を出すしかなさそうです。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る