ワインの飲み方を知ればより美味しく飲めます!

飲み方

ワインの正しい飲み方ってあるの?

ワインを飲む前、ぐるぐるとグラスを回す光景をよく見ます。これは、香りを出してワインのアロマをチェックする行為ですが、何だか良く分からずにやっている方も多いでしょう。

さらに、美味しいとはいえガブガブ飲んでしまったよいものかも分からず、ワインの飲み方というのは、何となく知っているけど分からないと言う方が殆どだと思います。

当然、自分の好きなように楽しむことが大前提でもありますし、飲み方は人それぞれなので決めつけはできません。

とはいえ、ある程度ワインの飲み方の基礎を知っていれば、美味しいワインはより美味しく、ワインの香りもいつも以上に理解できるのではないでしょうか。ここでは、ワインを美味しく飲むための方法をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

色を楽しんでみよう!

ワインを楽しむ際の3大要素としては、味わいと色、香りです。順番的には、先に色から入ります。グラスを透かして色を見てみましょう。

ワイングラスが透明であり、ワインをメインに提供するレストランが白いテーブルクロスを使っているのは、ここにも理由があります。

透明なグラスから白い背景であれば、より色合いを見ることができます。もちろん、不透明な陶器のグラスで飲んでも何ら問題はありませんが、本格的に楽しんでみたい方は透明なグラスを使っても良いでしょう。

また、傾けるとグラスにどれだけ粘っこく滴り落ちてくるかなどもチェックできます。粘性と呼ばれていますが、熟成度が高いワインの場合はやはり液体がとろりとしていますので、こういった部分も楽しむことができるのです。

香りを楽しんでみよう!

ワインの醍醐味は、やはり香りでしょう。他の酒類とは違い、ワインは非常に複雑なアロマを持ち合わせてるので、プロのソムリエなどは口に含むことなくブドウ品種や醸造方法などを言い当てることができます。

もちろん、全て把握できる訳ではなく、その傾向を当てられるということですが、それだけワインというのは香りに個性がある、ということなのです。さて、そんなワインの香りを出すためにグラスを軽く回しましょう。

こうすることでワインを開かせることができるので、香りが漂います。しかしながら、大きなグラスの場合は回さずともワインの香りは揺れただけで香るので、無理に回すことはありません。

回し過ぎても香りはハードになることは無く、酸化が進んでしまうので、回し過ぎには注意してください。

また、この香りを嗅ぐ目的としては、ワインが劣化していないかなど、安全確認の意味もあります。香りに違和感を感じたら、レストランなどではソムリエにその理由を聞いてみましょう。

味わい方

基本的に、ワインの味わい方は自由ではあるのですが、おすすめとされているのは舌の上で転がすように味わう、という方法です。

さらに、軽いものから徐々に重厚なものと飲んでいくという、順番も守った方が良いでしょう。

先に、長期熟成タイプのどっしりした赤ワインを飲んでから、はや飲み系の白ワインを飲めば、酸味だけが走ってしまい、白ワインを正確に評価できない可能性がるのです。ワインは、楽しんで飲むものではありますが、ある程度、本来の楽しみ方を知っていた方が楽しむ飲めるでしょう。

お寿司も同様に、食べる順番があるように、より楽しむためには知識があった方が良いのです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る