ワインの関税って何?輸入ワインの賢い選び方

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

日本は、世界でも最もさまざまな国のワインが飲める場所です。そのためか、我々は当たり前のように毎日世界中のワインを見て、飲んで、楽しむことができます。

さて、当然ですが輸入ワインですので、その国で購入すればかなり安く飲むことが可能です。日本で正式に売られているということは、関税がかかっている、ということです。今回、ワインと関税など、輸入についての詳しいことを解説していきます。

ワインの関税

まず、ワインなのですが、日本に入ってくると分類はワインではなく、果実酒となります。細かく規定していくと、醸造酒類の果実酒となっているわけです。

一般税率でワインを見ていくと、15%または一ℓあたり125年のうち、いずれか低い税率となっています。しかしながら、その税率が一ℓあたり67円を下回っていたら、2ℓ容器以下のワインは67円/Lとなるようです。

結果的に、税率はキロリットルあたり80,000円です。この関税は、国によっても変わってくるので、チリワインなどは安く、ヨーロッパワインはまだまだ関税が高いようです。

ワインが到着するまで

ワインは、非常に細かい部分まで値段が決められています。イーエックスセラーという蔵出し価格は商品代金だけなので、こういったワインを取り扱う店鋪は得策です。

通常、FOBという輸出港本船積込渡価格というものもかかります。さらに、運賃保険料国の価格や商品代金の送り状、分析証明など、さまざまな工程を経てワインは市場に届くわけです。

輸入通関

また、輸入されてきた商品は、関税を支払う必要がありますが、その税金を納めていない場合は専用の倉庫で保管されることとなります。

直輸入通関というものは、輸入した直後に納税をしたもので、すぐに国内販売が行われるものです。一方、保税倉庫に入ったものもあり、税金を支払っていない場合は、2年間までであれば保管をすることができます。

こういった場所に長くおかれてしまうと、ワインの飲み頃のピークが去ってしまうともいわれており、劣化しているワインを飲んだ時は、これらのワインと思っても間違いはないかもしれません。

ボジョレーヌーヴォーなどについて

近年、ワイン業界ではボジョレーヌーヴォーの話題が寂しくなってきてるようです。

しかし、他国の新酒なども多く出回るようになってきており、初物好きの日本人にはそれなりに、新酒文化はまだまだ人気があるといっても良いかもしれません。さて、そんな新酒なのですが、通常のスティルワインに比べると、やや高いイメージを持ちます。

熟成期間も短く、特殊な方法で醸造しているため、むしろもっと安くなっても良いはずですが、何故なのでしょうか。関税が高いということではなく、完全に輸送の問題です。ワインは、船で送られてくる場合は長いと二ヶ月はかかります。

しかし、ボジョレーヌーヴォーの解禁日にそれでは間に合いませんので、空輸という特別な方法で運ばれます。結果、プラス1000円以上で販売しなくてはならず、異様に高額な価格になっているのです。

関税や為替に興味を持つとお得に買える!

関税に関してはもちろん、ワインは為替の値動きにも大きく価格が左右されます。同じワインでも、安く楽しみたいと思われている方は、関税や為替にも注目してみると良いでしょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ