ワインの選択肢を広げよう!様々なワインの種類

ロゼワイン

ワインと一言で言っても、様々な種類が存在します。

赤ワインや白ワインはもちろん、カビまみれのブドウから作るワインや、製造工程中に工夫を加えることによって出来たワインなど様々です。

それぞれを知っておくことで、気分によってワインの種類から決めることが出来るようになります。

ワインの種類を理解し、ワインを飲むときの選択肢を広げましょう。

赤ワインとは

黒ブドウの品種から造られるワインを赤ワインと言います。

簡単な作り方としては、ブドウを、皮を剥かずに、そのまま潰して発酵させて造ります。

赤ワインは、冷やさず、常温で飲むことが多いですが、これは発行時も常温で作っているからです。

赤ワインの特徴として、その美しい赤い色とまろやかな渋みが挙げられます。独特の苦みもありますが、それは種を取り除かずに造っている赤ワインならではのものです。

常温で飲むと、そこまで苦みを感じずに飲むことが出来ます。

色は、鮮やかな赤から、熟成していくと濃く赤色へと変わっていきます。

味わいも、重みのある味わいに変わります。

白ワインよりゴクゴク飲むというイメージはないものの、アルコール度数は、白ワインより高いものがほとんどです。

また、美容や健康志向の方から注目されているポリフェノールも、人気の秘訣の一つになります。

ポリフェノールは、抗酸化物質で体を内から綺麗に、そして若々しく保ってくれます。

白ワインとは

白ワインは、白ブドウの品種から造られるものを指します。

白ワインは種や皮を除いて、果汁のみで造ります。

甘口から辛口までありますが、甘口もジュースのように甘いものなどもあります。

苦みはなく、基本的にはすっきりとしたほどよい酸味が特徴的です。

色は、透明に近い色ですが、熟成していくと濃くなっていき、黄色さが増していきます。

飲み方としては、冷やして飲むのが一般的です。

アルコール度数が低く、飲みやすいため、女性に好まれることが多いです。

ロゼワインとは

赤ワインと白ワインの中間のワインです。

しかし、赤ワインと白ワインを混ぜれば完成というわけではありません。

ロゼワインとは、両方の作り方を合わせているワインになります。

赤ワインは、皮も実も使って作ります。ロゼワインも、はじめは同じです。

そして、発酵中に色がついてきたタイミングで川と取り除きます。

白ワインは実だけで作られるため、後半からは白ワインの作り方ということになります。

そして出来たワインは、中間のピンク色のようなワインになるのです。

しかし、これはあくまでも一般的な製法で、他にも様々な製造方法が存在しています。

冷やして飲むのが基本ですが、中間というだけあり、常温で飲むロゼワインもあります。

アルコール度数やポリフェノールの量、味わいなど、ほとんど中間のワインなので、赤ワインと白ワインを混ぜたという誤解が生まれてしまうほどです。

ロゼワインも種類によって風味の違いや美しい色を楽しむことができます。

その他

◇スパークリング・ワイン

一般的なワインのことは、スティル・ワイン(スティル:動かない、静かな)と呼ばれ、発酵によってワインを造ります。

このワインには、炭酸ガスがほとんど含まれていないため、泡は立ちません。

基本的なワインはこのことを指しますが、このスティル・ワインをベースに、造る途中に様々な工夫をすることで、新たなワインが誕生するのです。

スパークリング・ワインとは、発酵中に出る炭酸ガスをワインの中に閉じ込めます。

炭酸ガスの閉じ込めるタイミングなどは様々です。

さわやかなワインで、パーティやお祝いの時のウェルカムドリンクなどによく使用されています。

シャンパン、スプマンテ、カヴァなどが有名です。

 

◇フォーティファイド・ワイン

スティル・ワインの発酵中、もしくは発酵後に、お酒を加えるフォーティファイド・ワインというものもあります。

加えるお酒は、ブランデーなどの度数の強いものが基本です。

アルコール度数が上がり、保存性を高めることが出来ます。

保存性が高いため、劣化のスピードが遅いため、すぐに飲みきらなくともおいしく飲めるのがメリットです。

辛口、甘口どちらもありますが、辛口は食前酒に、甘口は食後に飲まれることが多いです。

ポートワインやシェリーが有名です。

 

◇フレーヴァード・ワイン

スティル・ワインをベースに、果汁、香辛料、ハーブなどによって香りづけをした、フレーヴァード・ワインというのもあります。

ヴェルモットやサングリアなどが有名です。

何で香り付けをするかによって、味もかなり変化があります。

そのため、つけたものによって食前に会うものや、食後に合うものなどなどが変わってきます。

 

◇貴腐ワイン

貴腐とは、枝についたままのブドウをそのまま熟して、カビがついてしなびたブドウを指し、貴腐ワインはその名の通り、そのブドウを使ったワインになります。

貴腐ワインは、ワインの中でも洗礼された甘さをもち、高価なものとして扱われています。

見た目は、カビに覆われて水分がなく、腐っているように見えますが、その中に残ったわずかな果汁が、

余分な水分の蒸発した濃厚なブドウのエキスとして存在します。

それは、甘みの凝縮された、粘り気のあるものとなります。

カビというのは、ボトリティス・シネレア菌という菌で、実際にブドウを腐らせてしまう、通常だと農家にとって敵になるはずの菌です。

しかし、寒い地方や湿気の少ない地方では、ボトリティス・シネレア菌の働きはブドウを腐らせる、ではなく表皮を溶かす働きに変わります。

濃厚なエキスの詰まった貴腐ワインは、香りも強く、琥珀色に輝く美しい色をしています。

デザートワインとして、食後に飲まれることが多いです。

日本でも一部で貴腐ワインの生産がされています。

 

◇オレンジワイン

ジョージア(グルジア)の伝統的なワインになります。

最古のワインではないかという説もあります。

造り方としては、白ブドウの品種を皮ごと潰して発酵させます。

つまり、白ワインの使われる品種を、赤ワインの製法で造るワインです。

古くからあるワインではありますが、アメリカなどから徐々に有名になっていき、今では日本でも生産者が現れてきています。

まだまだ確立された製法というのはないので、元のオレンジワインの造り方をベースに、いまも様々な工夫がされています。

まだ、そこまで大きく造られていないので、もしも見かけたら試してみましょう。

まとめ

まずは、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインについて学び、その後からその他で紹介しているワインを試してみましょう。

同じブドウでも、製造工程が変わることで味わいや香りなどがガラリと変わります。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る