ワインの選び方

ワインを楽しむ

ワインについて初心者の方で、自分に合うワインを知りたい方がいるはずです。

ワインは、味わいの違いで選んだり、他には目や鼻でチェックすることができます。

1. 赤ワインの味わいの違いについて

ワインを購入する際、または、レストランで注文するときなど、

好みの味わいをどう伝えたら良いか悩むことが多いはずです。

ワインの味わいは、「甘み」、「酸味」、「渋み」、「アルコール分」、

等のバランスで区別されます。初心者の方には、なかなか難しいです。

この区別する際に使われるのが、「ライトボディ」、「ミディアムボディ」、

「フルボディ」になります。

これらの違いを把握することが大切です。ここで用いられている「ボディ」とは、

口の中で感じられるワインの重みやコクのことです。

アルコール度数や果実味、それに熟成の度合いにより変化します。

「ライトボディ」は、渋みやコクが控えめで、フレッシュな味わいのワインです。

「ミディアムボディ」は、渋みやコクがほどよく、色の濃さも中程度のワインです。

「フルボディ」は、渋みやアルコール分が十分に感じられ、

しっかりとした味わいのワインです。

2. ワインを目で選ぶ

「赤ワインの場合」

できたばかりのワインは、色が薄く紫がかっていて若々しい味がします。

ビンの中に残ったわずかな酸素の働きで酸化が進みます。

やがて、薄い色に変化します。

また、味わいにも徐々にバランスや力強さが出てきます。

酸化の進み具合は、品種の収穫年の天候などにより異なります。

飲み頃のワインは、レンが色をしています。

飲み頃を過ぎてしまうと全体的に茶色がかった色になります。

「白ワインの場合」

白ワインの熟成は、赤ワインに比べて変化が緩やかです。

長期熟成が可能な高級な白ワインは、年月をかけて変化していきます。

できたての白ワインは、透明であったり緑がかったりしています。

成熟して黄色が鮮やかに色づいてきたら飲み頃になります。

飲み頃を過ぎてしまうと、茶色が混ざった琥珀色になります。

3. ワインを鼻で選ぶ

ワインをテイスティングする際に、香りを嗅ぐことは一般化しています。

しかし、「その香りが何か」、「香りから何が分かるか」はなかなか難しいです。

そこで、いろいろなワインの香りを表記します。

「果物」

・柑橘系(オレンジ、グレープフルーツ、レモンなど)

白ワインでよく使われる表現です。若いワインは強く現れる傾向があります。

・木に実る果物(チェリー、りんご、洋梨など)

チェリーは、ピノ・ノワール種の赤ワインです。

りんごや洋梨は、白ワインで使用する表現です。

ベリー(いちご、ラズベリー、カシスなど)

赤ワインの香りを例えるのに使われます。涼しい産地ではラズベリー、

温暖な土地では、カシスが香ると言われています。

いかがでしたか?

このようなワインの選び方を学ぶことで、あなた好みのワインに出会えるはずです。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る