ワインの適温について学ぶ

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインを美味しく飲むためには、ワインを適温で飲むことが大切です。赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン、甘口ワインとさまざまな種類のワインがありますが、それぞれの個性を最大限活かすためにはそのワインに合った温度で管理し、そして提供することでよりポテンシャルの高い味わいを楽しめます。今回、ここではワインの適温についてを紹介します。

赤ワインの適温

赤ワインの適温は、常識的には常温であるといわれています。その理由としては、赤ワインの製造工程のなかにマロラティック発酵という醸造工程があります。

ワイン中の有機酸のひとつであるリンゴ酸を乳酸菌の力で乳酸に変え、まろやかな味わいに仕上げるものです。

渋みがある赤ワインの場合、リンゴ酸のような酸味が強いとバランスが悪くなり、良い結果を得ることが難しくなります。そこで、赤ワインの場合は常温が適温といわれているのです。通常、14℃から18℃程度が赤ワイン適温といわれています。ただし、そのワインの種類によっても適温は違うので注意が必要です。

例えば、ブルゴーニュ地方のピノノワールやガメイ種のワインで若い場合、タンニンがやや少ない品種ですので、多少温度が低くても飲みやすくなります。

一方、カベルネソーヴィニヨンやメルロー、シラーなどのタンニンが多少強い品種のワインの場合は、冷やしてしまうと渋みが強調されます。複雑でまろやかな香りを楽しむためには、16℃以上の温度が適温といわれています。

白ワインの適温

白ワインは冷やして飲むというのが、通説となっています。赤ワインのセンテンスで説明した通り、白ワインの適温に関しても種類によって変わってくるために注意が必要となります。

例えば、爽やかな香りのソーヴィニヨンブランやリースニング、ヴィオニエ、甲州などは6℃から10℃あたりが適温といわれています。一方、樽を利かしたようなナッツの風味が楽しめるシャルドネなどは、10℃から13℃という温度が適温ともいわれています。

上級白ワインの場合、複雑な香りと濃厚な後味を楽しむために造られているので、あまり冷やし過ぎてしまうと良さが分からなくなってしまいます。

ロゼワインの適温

ロゼワインは、薄い赤ワインという理解で大丈夫です。ただし、皮や種からタンニンをあまり抽出することはないので、渋みはあまりありません。

つまり、温度をあげる必要性がないのです。6℃から10℃という白ワインの適温に合わせても、美味しく楽しむことができるのでおすすめです。また、ロゼワインに残糖分が感じられるやや甘口のものに関しては多少、冷やしても美味しいでしょう。

シャンパーニュや甘口ワイン

シャンパーニュの場合、ヴィンテージが若かったり、高級な10年ものなどで無い限りは、2℃から6℃という低い温度が適温です。そして、甘口白ワインなども濃厚なので、そのまま同じくらいの温度が適温といわれています。

かの有名なシャトーディケムの貴腐ワインをかなり低温度で冷やして飲むと、とても美味しいということでワイン通から支持されています。

ワインの適温を知ることも、ワインをより美味しく楽しむための方法です。ぜひ、面倒くさがらずにしっかりとワインセラーでワインを適温にしておきましょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る