ワインの発祥の地はグルジアだけではない

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

世界のお酒や料理、その他の文化などには必ず発祥の地域というものが存在します。もちろん、いつどこで、どのタイミングで生まれたのかは分からないものもありますが、やはり発祥を知ることはとても大切です。例えば、ワインの発祥の地はどこのなのかといわれるとフランスと思ってしまう方がいるでしょうが、実はフランスではなく、諸説あります。今回、ここではワインの発祥についてを紹介していきます。

グルジアが発祥

ワインの発祥の地ということで話題となっているのが、グルジアという国です。国の至るところで安価に気軽にワインが販売されており、量り売りもされているのでとてもワインに馴染みが深い国であることは理解できます。

このグルジアのワインの歴史は8000年を超すといわれており、コーカサス地方がワインの起源では無いかといわれているのです。それが分かったのが、数千年前の発掘された青銅や銀、陶器製など、さまざまな発掘品からワインの樽などが発見されています。

さらに、ワインに使われるブドウの発祥自体がコーカサス山脈南麓一帯となっているため、品質はともかく、ブドウを潰してアルコール飲料が造られていた環境であったと考えられています。温暖な気候であることからも、ブドウ造りやワイン造りには適しており、あのシャルドネの祖先もこのグルジアであるといわれているほどです。

エジプトからローマ、フランスへ

8000年以上のワインの歴史を持つグルジアは、そのあとにメソポタミア、エジプトと紀元前3000年頃にワイン造りが伝えられていきます。

そして、ローマにそのワイン造りが伝えられてから、フランスのマルセイユ経由でフランスにワイン造りが広まっていきます。

アンフォラという特殊な形をしている陶器製のボトルがジョージアワインの特徴なのですが、こういった歴史的なボトルが出てくることからも、グルジアがワインの発祥の地を裏付けるようなポイントにもなってきているのです。

科学的な知見

グルジアがワイン発祥の地といわれていますが、ブドウ栽培が本格的にスタートした発祥の地自体は、トルコのアナトリアといわれています。トルコのアジアに近い部分であり、そこからブドウは栽培されはじめたといわれているのです。

もともと、グルジアであったり、アルメニア、アゼルバイジャンなどがワインの発祥の地として知られているのですが、もしかしたらトルコのアナトリア南東部が発祥ではないか、という研究もあるようです。

科学的な検知であり、完全なるものでありませんが、アナトリア南東部には野生のブドウが多く自生していたことがわかっており、落ちたり収穫したブドウが自然に潰れて果実酒ができていたことは用意に想像することができます。グルジアだけではなく、こういった部分にも目を向けると発祥の地の謎はまだまだ続いていくのではないでしょうか。

また、このアルメリアには、6100年前の世界最古のワイン醸造跡が何と発見されていおます。グルジアは約8000年前といわれていますが、こちらのアルメリアはより具体的な発掘結果となっており、まだまだ古い発祥の地と呼ばれるところが出てくるかもしれないと期待されているのが現状となっています。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ