ワインの歴史

ベランダ菜園

ワインは遥か太古より、人類とともに長い年月を歩んできました。そんなワインには、どのような歴史があるのでしょうか。

ワイン造りのはじまり

世界で最も古いお酒の一つと言われるワイン。現在のグルジア共和国のコーカサス山脈のあたりでは、紀元前8000年頃から既にワインが飲まれていたと考えられています。また、現在のアルメニア共和国からは、紀元前6000年頃のものとされるワイン醸造所跡も見つかっています。そして、紀元前5000年に書かれた古代バビロニアの「ギルガメシュ叙事詩」には、ワインに関する記述が確認されています。これが、ワインに関する最古の文献と言われています。

ワイン造りの広がり

古代オリエントで始まったワインづくりは、紀元前2000年頃、フェニキア人によって古代ギリシャへともたらされました。そして、古代ギリシャでもワイン造り盛んにおこなわれるようになり、その後ギリシャ人によって地中海全域へとワイン造りが伝えられていきました。そのため、フランスのワインの銘醸地といえばボルドーやブルゴーニュが有名ですが、実はマルセイユなどの地中海沿岸地域の方が、先にワイン造りが始まっているのです。マルセイユへ伝えられたワインは、当時ヨーロッパにおいて絶大な勢力を誇っていたローマ帝国のローマ人によってヨーロッパ全域へと伝えられていきました。そして、紀元前100年頃には、既に現代的なワイン造りの基礎が築かれていたと考えられています。

キリスト教とワイン

この時代のヨーロッパの歴史には、キリスト教が密接に関わってきます。ワインはキリストの血と考えられていたため、この時代はとても神聖なものととらえられていました。また、キリスト教の布教とともにワインの需要が高まったため、当時の修道院や教会では、次々とぶどう畑を開墾してワイン造りを始め、ワインの質も向上していきました。

大航海時代

15世紀の中頃になると、ヨーロッパから世界に進出しようという動きが盛んになり、いわゆる大航海時代が始まります。この時代から、ワイン造りは世界各地に伝わることになります。16世紀にはスペインからアメリカ大陸にワイン造りが伝えられました。そして、17世紀にはオランダから南アフリカへ、18世紀にはイギリスからオーストラリアやニュージーランドへと伝えられました。この時代にワイン造りが伝えられた、いわばワインの新興国のことを総じて「ニューワールド」と呼ぶこともあります。

そして、これらの国でもその国ごとの気候や土壌に適したぶどうの栽培を始めたり、独自の改良を重ねるなどの様々な試みにより、ヨーロッパのワインにも引け劣らない良質なワインを生産できるようになっていきました。

日本のワインの歴史

日本でワイン造りが始まったのは、1874年の明治初期のことでした。1877年には現在の山梨県の勝沼に初のワイナリーが創設され、本格的なワイン造りが行われることとなります。

戦時中や戦後に一時低迷したものの、その後の東京オリンピックの開催や高度経済成長のあおりを受け、ワインの消費が拡大し、ワイン造りも勢いを取り戻しました。

その後、飛躍的な品質向上を遂げた日本のワインは、世界で認められるまでに成長を遂げました。

まとめ

とても長い歴史があるワイン。ワインを飲むときには、このようなワインが歩んできた歴史にも思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ