ワインの正しい保存方法を知る

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインを美味しく飲み続けるためには、良いワインを大量に購入するのではなく、良いワインを良い保存方法で保存することにあります。ワインの持つポテンシャルを高めていくためには、基本的には温度管理などの保存方法を徹底すると良いといわれています。今回、ワインを美味しく飲み続けるためのワインの保存方法を紹介します。

ワインの保存方法について

ワインの保存方法を知る前に、ワインにとって良くない環境であることをおさらいしていきましょう。ワインは、温度変化にとても敏感なお酒です。温度が上がり過ぎてしまうことで、液体の成分がやや劣化することがあります。

フレッシュでフルーティーな白ワインの場合、あまりにも暑い場所で保管し続けると熟成が早く進み過ぎてしまい、本来持つ美味しさの焦点がぼやけてしまいます。さらに、震動が多い場所や直射日光が当たる場所への保管も注意です。

震動による品質の変化、または日射による高温化や液体の反応による色合いの変質などが起こり得ます。また、問題点としては乾燥です。乾燥状態にあることで、コルクが収縮してしまい、酸素を多く取り入れることとなります。

熟成させていたワインであっても、酸素過多な状況になってしまうことからも、最悪な結果飲み頃が早くきてしまいそれに気づかず、最終的に劣化した高級ワインを飲むようなことになるのです。これらを避けるために、ワインの正しい保存方法を知っておくことが大切なのです。

ワインの保存方法とは

まず、温度変化があまり無いところで保管する保存方法を試しましょう。自宅の場合は、床下であったり新聞紙でグルグル巻きにした状態で押し入れの布団に挟むなど、そういった状況で保存する方法が一般的です。

コルクを使用したワインの場合、横に寝かせると良いでしょう。適度にコルクが湿っていることで、コルクの乾燥と収縮が防がれます。特に、夏場は日本国内では高温になってしまうため、ひんやりと最高でも18度以上は上がらないような、そういった場所で保管しない危険です。

冷蔵庫の保存方法

冷蔵庫での保存は、短期間であれば問題はありません。ただし、冷蔵庫の場合は震動が開け閉めによるもので影響があり、さらには出し入れを行うことからも温度変化が案外起こりやすい場所といえます。

さらに、乾燥状態が酷いことからも、コルクを使用したワインの保存には向かないです。さらに、コルクなどの場合は微量ではありますが酸素が入ってくるため、ほかの食材の香りなどの影響も強く受けてしまう可能性があります。

冷蔵庫での保存の場合ですが、できるだけ短期かで飲まれてしまうようなワインをチョイスしてください。

ワインセラーでの保存方法

ワインを最適な状態で保存するのであれば、ワインセラーは必須アイテムです。しかし、あまりにも高額なものが多く、なかなか手に入れる機会に恵まれない方もいます。しかし、ワインセラーは家庭用のものが販売されていますので、無理に高額なものを購入する必要性はありません。

ただし、やや冷蔵庫のように音がなるために大型のものを寝室に置いておくと、睡眠の邪魔になることがあるので注意です。ワインの正しい保存方法を知ることで、美味しいワインが楽しめます。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ