ワインの最良のお供はコレ!生ハムとワインを知ろう!

ワインといえば、生ハム

ワインとの相性が抜群なおつまみというと、チーズ以外で何が思い浮かべられるでしょうか。レストランなどを想像してもらうと分かりやすいですが、前菜として必ずメニューに上るのが生ハムではないでしょうか。 生ハムは食肉文化に長い歴史を持つヨーロッパ各地の伝統的な食材です。ワインと共に楽しまれていた食品であるから故に、その相性は当然ですが抜群です。ここでは、生ハムの種類とワインとの相性を確認しながら紹介していきます。

スペインの生ハム

先ず、生ハム大国といえばスペイン。スペインバルに行くと、大きな豚の後ろ足がドカンとカウンタースペースに置いてあるところを目にしたことがあるはずです。 そんなスペインの生ハムなのですが、ワインとの相性は当然抜群です。一般的な生ハムはセラーノと呼ばれる白豚を原料としたハム。ハモンは白豚の意味を持つスペイン語であり、ハモンは市場の90%を占めていると言われています。 また、スペインの生ハム王者といえば、ハモンイベリコ。イベリコは黒豚の意味であり、深みと重厚さがある高級品です。こちらは、どちらかといえばフルボディの赤ワインがピッタリ合います。脂の質がとても高く、滑らかな口当たりは他には代え難いものがあります。

イタリアの生ハム

スペインの生ハムもとても有名ですが、日本人にとってはこちらイタリアの生ハムの方が馴染みが深いかもしれません。イタリアの生ハムの大産地としては、パルマとサン・ダニエールの2カ所がとても有名です。 そして、スペインと大きく違うのが使われる豚が白豚といったところでしょう。塩漬け肉は直接擦り込むのが特徴的です。では、どんな生ハムがあるのか種類を見て行きましょう。まず、豚の頭から腰にかけての肉で作られるハムはコッパといいます。 スパイシーな味わいなので、イタリアのネッビオーロなどの重厚な味わいのワインが合いそうです。また、カルボナーラに良く使われることで知られるパンチェッタ。ベーコンはこれを薫製したものです。 これも、当然フルボディの赤がおすすめです。最後に、一番有名だろうプロシュート。イタリアで生ハムのことをプロシュートと呼ぶため、多くがこの類いです。こちらはサンジョベーゼのようなミディアムボディとの相性が良いようです。

赤ワインが基本ながら白もOK!

生ハムは基本的には赤ワインと合わせると良いとされています。しかし、白ワインに合わせるなら魚に巻いたり、あっさりとしたしたソースと合わせると良いでしょう。 生ハムの性格によって、ワインの味わいも変えて行けばよりワインの楽しみが増えるはずですよ。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ