ワインの最大の楽しみは香りにアリ!?正しいワインの香りの取り方!

ワインの楽しさは香りにあり!?

レストランでワインを頼まれた時、ワインの味の持つポテンシャルを広げるように、しっかりとしたグラスで飲むことができます。特別感溢れる瞬間ですし、見た目も華やかなので気分も上がります。 そして、ここでワインを楽しみたいであればグラスをぐるぐる回して香りを楽しみたいところ。ワイン好きであれば、いきなり注がれたワインを一気飲みはちょっと微妙です。 どうせなら、格好良くグラスを回して香りからさまざまなワインの個性を読み取りたいところです。さて、このグラス回しと香りのことですが、案外分かっているようで良く分かっていないという方が殆どではないでしょうか。 スクールに行ったり専門職に就かれている方以外、なかなか分かり得ないところです。ここでは、ワインの回し方やそこから何が読み取れるかを解説します。ここは、ぜひ覚えておいて欲しい部分です。では、いってみましょう。

まずは香りを静かに楽しむ

グラスにワインが注がれた時、いきなり激しく振り回す方がいます。それはそれで良いでしょうが、上級者でも無い限り、まずは香りは静か回さずに嗅ぎましょう。3秒程度嗅げば、何となくそのワインの全体像が見えてきます。 そして、ゆっくりと回して香りを楽しみます。ちなみに、右利きの方は反時計回し、左利きの方は時計回しが正しい回し方です。 これで万が一に中身が飛び出てしまっても相手にかからない、ということになります。覚えておいて絶対に損は無い情報ですよ。

ワインによる香りの違い

グラスを回して香りが嗅いだ時、どんな香りがするかで、どんなワインなのか個性をつかみ取ることができます。 まず、若いワインの場合は果物感、花の香りが中心となります。発酵するとバター、キャンディといった香りも生まれるのでキャッチできるかもしれません。熟成していくと、白ワインは蜂蜜、赤ワインの場合は紅茶やキノコなども現れます。 もちろん、品種やその醸造家の樽の使い方、ステンレスの使い方によっても大きく個性が変わります。この香りの違いこそがワインの醍醐味といっても過言ではないのです。

香りの順序を楽しむ

香りは一瞬嗅いだら全てが分かるわけではありません。少し、時間を置いて確認すると別の香りが発見できる可能性もあります。 スパイシーな香りだった奥にどこかトロピカルな香り、花の種類も複雑になるような高品質なワインもあります。 自分なりで構いませんので、どんな香りが来るのかをノートに書き留めておくと、後から読み解いて楽しくなってくるでしょう。

まとめ

ワインは、とにかく楽しく不思議な飲みものです。ぜひ、香りだけでも広く楽しんでくださいね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る