ワインの基礎知識をおさえよう

ワインを作ってみる

ワインの作られ方

みなさんは、ワインがどのように作られるのかを知っていますか?
ブドウを潰して液体にするというような場面は見たことがあると思います。
それ以外の工程はなかなか知られてはいないのではないでしょうか。

今回は、ワインの作り方を紹介したいと思います。

ワインには、色々な成分が含まれています。
その成分があることによって、香りや味などを引き出してくれています。
約7000年前から作られていると言われているワイン。
長くみんなに愛され続けています。

ワインの種類

ワインには種類があります。
よく知られている赤ワイン、白ワインの他に、ロゼワイン、スパークリングワイン、フォーティファイドワイン、フレーヴァードワインがあります。

聞いたことのないようなワインの種類もあると思います。
特に、フォーティファイドワイン、フレーヴァードワインを知っていますか?
フォーティファイドワインというのは、シェリーやポートワインのようなワインのことを言います。
そして、フレーヴァードワインはワインに香りつけをしたワインです。

以上のような種類のあるワインの中から、赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインの作り方を見ていきます。

ワインが出来るまで

ワインを作るためには、摂れたブドウのいい物だけを選び悪いものは取り除きます。
そして、潰していきます。
果汁になると、樽に入れて熟成させていきます。
簡単に言うとこのような作業となります。
ですが、細かく言えば、まだ作業があります。

これが基本となってワインは出来ています。

では先ほど紹介したワインの種類はどのように出来ているのか、一つ一つ紹介します。
・赤ワインの場合は、ワインとなるブドウの皮、種、果汁の全部を使います。
皮や種などからの栄養も取れ、色もつきます。

・白ワインの場合は、果汁だけを使います。
なので、果汁のみの栄養しか取れません。また、果汁を入れる樽によって味わいが変わってきます。

・ロゼワインの場合は、皮を短期間漬け込みます。
すると、色が変わりピンクやオレンジなど可愛らしい色になります。
味わいは、白ワインに近くなります。

・スパークリングワイン
発酵させるときに、炭酸ガスの瓶の中に入れます。

最後に

色々な種類のワインの作り方が分かったでしょうか?
似たような作り方でも、少し変えるだけで沢山の種類のあるワインで味も違うワインになっていきます。
何だかおもしろいですね。
ワインは、とても奥深い飲み物だということが分かったと思います。
手間がかかっているということを知りながら、味わって飲んでください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る