ワインの保管方法などについて

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインは、非常に繊細な味わいのお酒です。さらに、酸素に触れることで見た目や香り、味わいに大きな変化が出てきてしまいます。

そんため、飲んだら飲みっぱなしして、適当な場所に保管しておくと、最初に飲んだときに比べて異様に劣化したように感じられてしまうのです。ワインの正しい保管場所についてを知っておくと、ワインの劣化に対応することが可能です。ここでは、ワインの美味しさを維持するための保管についてを解説してきます。

ワインの保管

ワインを保管をする前にまず、ワインを飲みかけてしまった時のお話をしておきます。ワインを飲んだ後は、できるだけ酸素に触れない状態にすることが理想です。コルク栓で塞がれていたワインであっても、市販されている密閉の栓をしっかりしておくことが必要となります。さらに、なかにはポンプ付きのものが販売されており、ワインの中に入っていった酸素を抜き出すことができる機能もあります。また、小さめの瓶などに詰め替えるテクニックも使用できます。空気との接触面が少ないボトルに移し替えることにより、飲み残しのワインの酸化を防ぐことが可能です。

ワインの自宅での保管

ワインを自宅で保管したいという場合、本来であればワインセラーを使用すると良いです。ただし、部屋の間取りであったり、経済的な理由からセラーを置くことができない場合もあります。まず、ワインは温度変化や湿度、震動にとても敏感な液体です。

これら、全てを金揃えたワインセラーと同じような状況を部屋で造ってあげることが、ワインの保管場所を手に入れるポイントです。まず、温度は13~15度がワインにとっては最適な保存温度といわれています。

もちろん、12度でも問題はありません。自宅のなかで、明らかに温度差が出てしまうところであったり、直射日光が当たりやすく高温になりやすい場所は注意です。そのため、床下などの温度変化が起こらない場所への保管がおすすめです。さらに、より品質を維持したい場合は、新聞紙や毛布などで巻いたおくことも良いでしょう。

外部の光などからワインを守ることができるため、薄暗いカーブのような状態を自宅でも造ることができるからです。また、湿度が高過ぎる場所はいけませんが、低過ぎても劣化をしやすいので注意です。コルク栓が収縮することにより、ワインへと酸素が入ってきてしまいます。これらの状況を防止するために、湿度は最低でも75%程度の場所に保管すると良いのではないでしょうか。

レンタルセラーで保管

ワインセラーは素晴らしい品質ですが、なかなか手に入れることができない方は多いです。そういった方は、レンタルセラーなどを利用する手段があります。レンタルセラーは、外部にワインの保管を委託することができる便利なサービスです。

全てが、ワインセラーよりも優れており、ワイナリーの地下のカーブのような環境となっています。高級ワインを購入して、3年以上は熟成させたという思いの方であったり、プレゼントでいただいたワインだから、大切な時にあけたいという方など、直ぐにワインを飲む予定が無い方にはピッタリです。

月々、数千円程度で借りることができるので、高級なワインセラーより安くつく場合もあります。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ