ワインの二日酔いを防止するための大人の飲み方徹底解説

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

お酒が大好きな方にとって、二日酔いとの戦いは永遠に終わることが無いものです。特にワインを飲むと頭が痛くなるとか、翌日に残るとか、多くの弊害が報告されています。ワインは他のお酒よりも二日酔いになりやすいのでしょうか。

それとも、何か対策があり、それを守ることで二日酔いになりにくく楽しめるのでしょうか。今回、ワインと二日酔いについてのことを考えて行きます。ぜひ、参考にしてワインを楽しんでみてください。

二日酔いとは?

まず、ワインに限らず二日酔いとはどういった状態を指すのかを考えて行きましょう。アルコールは肝臓へと行き、その後にアセトアルデヒドというものに分解されていきます。

厳密にいうと、20%は胃に、80%は小腸に吸収されることがわかっています。このアルコールは肝臓で代謝されることで、アセトアルデヒドを発生させます。このアセトアルデヒドは、酢酸へと分解されます。

これが、二日酔いや悪酔いといわれる状態の元凶となります。このアセトアルデヒド自体の分解ができず、体内に残ってしまうことでツライ二日酔いが起こってしまうのです。

ワインは良いやすいのか?

ワインは、アルコール度数が10%から15%程度です。そのため、ワインだから酔っぱらってしまうということは考えにくいでしょう。

また、二日酔いになりやすい人などは体質でも変わってきます。日本人のようなアジア人は比較的「アセトアルデヒド脱水素酵素」という、アセトアルデヒドを分解できるような酵素の働きが弱いことで知られています。

つまり、このアセトアルデヒド脱水素酵素が強い人と弱い人が同じ量のワインを飲んでいた場合、翌日に二日酔いになるのは明らかに後者であり、それをワインのせいにするのはおかしいということです。

日本酒、焼酎、ウイスキー、ブランデーなどなど、どれを飲んでも二日酔いは起こってしまうわけです。

ワインの二日酔い防止策

まず、二日酔いにならないためには、しっかりとおつまみなどを摂取することです。胃の中に何も無い状態ですと、アルコール吸収力が高くなりますし、分解しにく状態になっています。

そのため、何かを食べながら飲むことをおすすめします。幸い、ワインという 飲み物は食中酒として発展してきているお酒です。ワインを飲む時は、しっかりマリアージュを意識しながら、楽しい気分で飲み続けるのもポイントなのではないでしょうか。

水を飲むなど対策を徹底!

また、ワインは割ることをあまりしない飲み物ですし、口当たりが良いとどんどん飲んでしまいがちです。

できることであれば、ウコンなどの酔いを残さないように開発されているドリンク、水などをしっかりとチェイサーとして飲んでおきましょう。基本は、お酒と同量の水をしっかりと飲んでおくことです。

水を入れながら飲もう!

ワインは、美味しいですが、飲み過ぎると当然ながら害になります。二日酔いになるまで飲んでしまうのは、楽しい時は抑制できないと思います。だからこそ、冷静になった瞬間には常に水を飲むことを意識してください。小さなことですが、ワインを楽しく飲み続けるための、コツなのです。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ